元フジ千野志麻アナ、死亡事故を謝罪「言葉に尽くせぬ思い」

印刷

   乗用車で歩行者の男性をはね、死亡させた元フジテレビの女子アナ横手(旧姓千野)志麻さん(35)は「起こしてしまった事の重大さに向き合い、深く反省するとともに、ご遺族の皆様に誠心誠意お詫びの気持ちの限りを尽くしてまいります」と2013年1月3日に所属事務所のホームページでコメントを発表した。「人の命を奪うという取り返しのつかない事態に言葉に尽くせぬ思い出いっぱいですが、まずはお亡くなりになられた方とそのご遺族の皆様には心より深くお詫び申し上げます」とつづっている。

   横手さんは1月2日、静岡県沼津市のホテルの駐車場で男性をはねた。横手さん自身が110番通報したが、男性は胸などを強く打ち、搬送先の病院で死亡した。横手さんは出身地の沼津市に帰省中だったという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中