「AKBが歌うなんてゾッとする」「メンバー叩く資格は無い」 初音ミク・AKB、ファン同士が全面戦争

印刷

   2013年3月13日から24日まで東京・銀座博品館劇場で行われるミュージカル「千本桜」で、バーチャルアイドル・初音ミク役をAKB48の石田晴香さん(19)が務めることが発表された。

   このキャスティングに、初音ミクファンが怒っている。初音ファンはAKBに反感を持っている人が多いらしい。AKBファンも応戦し、インターネット上では初音ファンVSAKBファンのバトルがぼっ発している。

石田さんに直接「AKBごときが」「今すぐ降りて」

石田晴香さん(12年4月撮影)
石田晴香さん(12年4月撮影)

   「千本桜」とは、音声合成ソフト「VOCALOID」を使って作曲している「黒うさP」さんが作詞作曲し、初音ミクに歌わせている歌だ。ニコニコ動画で約500万回の再生回数を誇り、iTunesストアでもダウンロード販売されている。ミュージカルでは、この歌をもとにしたオリジナルストーリーが描かれる。

   キャストが発表されると、ツイッターには「千本桜にAKBかよ…残念感半端ないわ」「千本桜AKB出んのかよやめろよなめてんのか」などと批判のツイートがあふれ、「#AKBが出る千本桜ミュージカル見たくない人RT」「#AKBが千本桜歌うと思うとゾッとする人RT」などというハッシュタグまで作られた。

   ニコニコ動画の「千本桜」動画にも、「ミュージカル、akb出るの反対」「AKBだいっきらい!!!!!」「AKBはミクを汚すな(怒)」など怒りのコメントが大量に投稿され、大荒れ状態となっている。

   さらに石田さんのツイッターアカウントあてに、「AKBごときがミク演じるな」「黒うさPさんの名曲なんですよ?めちゃくちゃなことしないでくださいよ?」「『売れなきゃすぐ脱ぐ』汚い『国民的』アイドル。汚い手でミクに触らないで」などの罵倒が。黒うさPさんあてにも、「AKBの歌う千本桜なんて聴きたくないです それにファンは誰も実写化なんて求めてない…黒うささんには失望しました」「もうあなたの曲は二度と聞かないでしょう」などの批判が寄せられている。

石田さん本人は筋金入りの「ニコ厨」

   これを見たAKBファンは、石田さんあてに「いろいろ言われてるけど、気にしないで、思う存分ミクちゃんを演じてね」「正直批判してる人もいるけどそれよりも楽しみにしてる人や応援してる人のほうが絶対多いから!」「自信持って!いっぱい応援してくれてる人いるんだから安心して」など、負けじとエールを送った。また、石田さんを中傷する初音ファンと見られるユーザーに対しては「別にAKBが決めたことじゃないだろ、文句があるなら直接事務所に電話したらどうです?????」「お前にAKBとそのメンバーを叩く資格は無い」「逆に誰なら良いんですかね」などと応戦している。

   初音ファンとAKBファンの争いはこれが初めてではない。11年11月、AKB48をテーマにした漫画「AKB49―恋愛禁止条例―」で、初音ミクと初音ファンをバカにするような描写があったとして、2ちゃんねるで「ニコ厨(編注:ニコニコ動画愛好者)ブチギレ」などというスレッドが複数立つ「祭り」となったことがあった。初音ファンとAKBファンは「犬猿の仲」といえる。

   当の石田さんはというと、もともとニコニコ動画が好きで、雑誌「EX大衆」11年3月号に掲載されたニコニコ動画に関する特集に抜てきされるほどだ。初音ファンでもあり、初音ミクを演じるにあたっての心境を「原作が大好きなので関われることがとてもうれしいです!」とツイートしている。ミュージカルの制作発表会では「『千本桜』は大好きな曲で、カラオケで歌ったよとか、いろんなところでたくさん言ったのが実った気がする」とも語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中