皇室機能を京都へ「双京構想」、津川雅彦さんら有識者懇話会

印刷

   京都府の産官学の代表で構成される「京都の未来を考える懇話会」は、皇族の移住など皇室の一部機能を京都に移す「双京構想」の実現に向けて、2013年1月21日に有識者らと意見交換を行った。

   俳優の津川雅彦さんや京都産業大の所功名誉教授ら有識者5人が出席し、東京で行われている1月の歌会始や秋の園遊会を京都で開催することを提案した。懇話会には山田啓二京都府知事と門川大作京都市長も出席しており、構想実現に向けて今後も不定期に開催し、政府への要望書をまとめるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中