大増税時代がやってくる! 復興税、消費税、相続税に控除減、そして保険料アップ…

印刷

   消費増税や富裕層への課税強化が注目されるなか、2013年1月に導入された「復興特別所得税」(復興増税)をはじめとした「増税」が国民生活を苦しめはじめている。

   健康保険や厚生年金保険などの保険料も引き上げられ、2014年には消費増税が待ち受ける。給与明細や家計簿を見て、思わずため息を漏らす人は少なくないはずだ。

1月から所得税額にプラス2.1%が加算

   復興増税は、2013年1月からの所得税額に2.1%を加算した付加税として徴収される。たとえば、現行の所得税率が5%(課税対象が195万円以下)だったら、0.105%(5%×2.1%)が加算されて5.105%となり、負担が増す。

   「所得」に課税されるので、給与だけではなく退職金にもかかるし、株式の配当や預貯金の利子にもかかる。株式の配当でいえば、これまでの10%の源泉税率(住民税3%を除く所得税分に加算)が10.147%になり、預貯金は20%の源泉税率(住民税5%を除く所得税分に加算)が20.315%に増える。この状態が2037年12月31日まで、25年間も続くのだ。

   さらに、2014年6月からは住民税分が増税され、納税者一人あたり年1000円が徴収されることになっている。景気が回復して給与がアップすれば、2.1%の増税も気にならないかもしれないが、給与は上がらない、預金金利は年1%も付かないのだから、これでは大変だ。

   13年1月から、給与所得控除の上限額が245万円になったことも「増税」につながる。これまでは年収1000万円超の人は「収入金額×5%+170万円」が控除できたが、年収1500万円超の給与所得者はすべて245万円で「頭打ち」となり、負担が増えることになった。

   1月1日以降に支払われる勤務5年以下の役員退職金の課税ベースを2分の1にする措置も廃止。たとえば4年間勤務して3000万円の退職金を受け取る役員の場合、退職金の2分の1の控除がなくなったうえに、所得税の2.1%の付加税を課せられるので、これまでよりも700万円前後も多く納税することになる。

厚生年金保険料、国民負担が毎年「自動的」に増える

   給与から控除される健康保険料は、医療保険の厳しい財政状況に加え、高齢者医療への拠出などがますます増えることから、2011年度は9.48%、12年度にさらに増えて9.97%(東京都の場合)と、10%目前に迫っている。

   40歳以上が負担している介護保険料は、2010年に1.19%から1.50%に値上げされ、11年には1.51%に、12年度はさらに1.55%となり、負担が増えた。

   厚生年金保険料に至っては、保険料率を毎年0.354%ずつ、9月に引き上げることが決まっている。2013年には17.12%、14年は17.474%、15年は17.828%と上昇し、17年度以降は18.30%に固定される。国民の負担が自動的に増えるようになっているのだ。

   消費税率は2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる。富裕層への増税をめぐっては、15年に所得税の最高税率を現行の40%から45%に引き上げ、現在50%の相続税の最高税率も55%にするという。

   大和総研は、すでに子ども手当の廃止と12年6月に住民税の年少扶養控除が廃止となった影響で、中学生の子ども1人あたり一律年3万3000円(非課税世帯を除く)の負担増になっている、と指摘する。

   試算によると、消費税の10%増税が導入される2015年と11年を比べたとき、実質可処分所得は年収800万円のサラリーマン世帯(40歳以上の夫、専業主婦の妻と小学生の子ども2人)の場合で、41万2400円(6.43%)減少するという。このうち、消費税分の負担増は25万円、厚生年金保険料の負担増は5万6000円、子ども手当の減少分を5万4000円、年少扶養控除の廃止が6万6000円などとみている。

   増税には、石油石炭税に上乗せし、12年10月に導入された「地球温暖化対策税」のように、モノの値段にハネ返るものもある。税負担が増え、物価も上がるとなると、真綿で首を絞められるようにジワジワと生活が苦しくなってくる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中