「首輪の全裸少女」作品に市民団体が抗議 会田誠展は本当に「性差別」なのか

2013/1/29 20:12

   「四肢切断された全裸の少女が首輪をされて微笑んでいる」。東京・六本木の森美術館で開催中の会田誠展について、市民団体がこう指摘して「性差別」などと抗議している。森美術館では、対応を協議しているが、18歳未満は入れないギャラリーに展示するなど配慮したとしている。

   美術家の会田誠さん(47)は、エロ・グロ・美少女・戦争などをテーマに、絵画から映像、フィギュアまで手がける多彩なアートで知られる。刺激の強い作品も多いことから、今回が公的な美術館で開く初の個展になるそうだ。

森美術館の展示は、歴代上位に入るほどの大反響

会田誠さんもツイート
会田誠さんもツイート

   「天才でごめんなさい」と銘打った展示会は、2012年11月17日から13年3月31日の会期で開かれ、デビュー20年の集大成として作品約100点を並べてある。森美術館では、入館者数はまだ公表していないが、歴代の上位に入るほどの大反響だという。

   性的表現を含む刺激の強い作品については、特定ギャラリーに展示するとともに、公式サイト上でも告知している。「このような傾向の作品を不快に感じる方は、入場に際して事前にご了承いただきますようお願い致します」といった案内だ。

   ところが、大学教員などでつくる市民団体「ポルノ被害と性暴力を考える会」は、森美術館に対し1月25日付で抗議文を送ったことをサイト上で明らかにした。そこでは、会田さんの作品について、「残虐な児童ポルノであるだけでなく、きわめて下劣な性差別であるとともに障がい者差別でもあります」と指摘し、公的な美術館で展示していることを批判している。抗議文は、考える会の代表世話人として、婦人保護施設長の横田千代子さんら4人の連名になっていた。

   森美術館では、取材に対し、抗議文が28日に着いたことを認め、広報担当者が「どのように回答するか調整中ですので、抗議についてのコメントはまだ出せません」と話した。考える会では、1月下旬か2月上旬の話し合いを求めているが、その対応も協議中だとしている。

日本で最も住みやすい街に、800万円の一戸建て

    「東洋経済」が発表した「住みよさランキング」No.1の街で、白い一戸建てに住むのも夢じゃない... 続きを読む

PR 2014/8/1

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

伝説のTVプロデューサーから愛のムチが飛ぶ

人気ブランドのパンプスやスヌードなどの小物も2,900円~!注目の音波洗顔美顔器も登場。

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

ドイツ・ミュンヘンで開催される、世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」ご存知ですか?

魅力
おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ