小森純、ペニオク騒動をテレビで謝罪 レギュラー番組降板の報道受け

印刷

   ペニーオークション問題をめぐり、レギュラー番組降板の報道が出ているモデルの小森純さんがテレビで謝罪した。

西川史子は批判「テレビに出てくるって神経も理解出来ない」

   2013年2月3日の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演。番組冒頭で、東京スポーツの1日の記事「ペニオク粛清!小森純レギュ ラー消滅」が紹介され「どうですか」と水を向けられると、

「沢山の方にご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした」

と眼を真っ赤にして頭を下げた。

   これに対して、以前から「詐欺の片棒を担いだ」と小森さんを批判していた西川史子さんは、

「サンジャポに出て禊を済ませたことになると思ったら大間違いだし、テレビに出てくるって神経も理解出来ない。自粛すべきだし罪を軽く考えているのではないか」

と指摘。事前にスタッフから小森さんに質問するよう依頼されていたが断ったと明かし、こう畳み掛けた。

「純ちゃんのこと最初っから嫌いだったわけじゃないけど、こういうのって心根の問題だと思うので、話をしたくないし顔も見たくないと思います。見て不快に思う方もいるでしょう。出てくることが、テレビに出ることが禊ではないから。それを理解してほしい」

   これを受けて、小森さんはあえて番組に出演した理由を「ちゃんと、本当に謝りたかったって言うことと、自分の中ではブログを閉鎖するっていうことで、一つのけじめだという風に思っていたんですけど、でも今回、東京スポーツの記事を見て、改めて、本当に認識が甘かったんだなということをすごく深く感じています」と嗚咽混じりに話した。

   スタジオからも同様に厳しいコメントが相次ぎ、デーブ・スペクターさんは、ペニオクについてどんなものかという予備知識や調べたりということはまったくしなかったのかときいた。

「事務所含め、私もそうなんですけど、本当に確認するということをちゃんとできなかったので、ホントたくさんの方にご迷惑をかけてしまって、そうですよね、もっとこういうふうにちゃんと、もっとはやく謝罪するべきだったなと今本当に思います」

   また、テリー伊藤も事務所もなし崩し的に解決するという甘い考えがあったのではないかとの見方を示した。そして、わざわざブログをチェックするような、ファンだからこそ、芸能人のおすすめだからとお金が無いなかで買ってくれてるのに、こんなことがあっては、ファンへの感謝が感じられないと諭した。

ツイッターアカウントも削除していた

   12月下旬にJ-CASTが小森さんの事務所に取材した際には、騒動はブログでの謝罪で済んだとしており、小森さんへの処分はとくにとらず、これまでどおり仕事を続けさせていくと話していた。ところが、小森さんはその後ブログを削除した。

   そして、今度は東京スポーツが2013年2月1日の記事で、小森さんが「ヒルナンデス!」の水曜レギュラーを4月をもって降板すると報じる事態になった。記事中では、関係者の話として、ペニオク騒動でイメージが悪くなりすぎたことと、他の芸能人と違いすぐに謝罪せず、報道発覚後にダンマリを決め込んだことが理由としてあげられていた。

   さらに、小森さんは、1日までにツイッターを削除していたことが新たに分かった。東スポの報道と関連があるかは不明だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中