AKBより「ももクロ」が人気? 「ライブ見たい」調査、ダブルスコアで引き離す

印刷

   日産スタジアム(横浜市)で2013年夏、AKB48とももいろクローバーZ(ももクロ)という2大女性アイドルグループがコンサートを行う。

   日産スタジアムといえば観客席7万2327席を誇る国内最大級の会場で、ここでコンサートを行うことは人気者の象徴でもあり、2組の勢いを表している。ところが、2組への期待値にかなりの差があるようなのだ。

「ももクロのライブ見たい」がAKBの2倍以上

一般にも人気を獲得しつつあるももいろクローバーZ(12年11月撮影)
一般にも人気を獲得しつつあるももいろクローバーZ(12年11月撮影)

   AKB48が日産スタジアムでコンサートを行うのは13年6月。1月27日にイベント内で発表され、女性歌手として初の快挙ということで大きな話題になった。

   その発表から1週間も経たない2月2日、今度はももクロが8月4日に日産スタジアムでライブを行うとイベント内で発表した。ももクロはNHK紅白歌合戦を目標に活動してきたが12年にそれが叶い、次なる目標として国立競技場(東京・新宿区、5万4224人収容)でのライブを掲げていた。その規模を飛び越えてのコンサート開催決定に、メンバーとファンは喜びをあらわにしたようだ。

   この発表を受けて、Yahoo!ニュースの意識調査で2月2日、「日産スタジアムのライブ、見たいのはAKB?ももクロ?」という質問が公開された。投票は2月12日までだが、5日15時現在すでに5万票近く投票されている。

   気になる結果だが、AKB48が1万5102票に対し、ももクロは2倍以上の3万3648票と、圧勝の結果となっている。

   AKB48といえば11年5月発売のシングル「Everyday、カチューシャ」以来発売したシングルは全て1週目でミリオンヒットを達成するという、もはや「怪物」グループだ。一方のももクロは、12年11月発売のシングル「サラバ、愛しき悲しみたちよ」の1週目の売り上げ枚数は約7万4000枚だった。AKB48が1つのシングルにつき4~7種類発売しているのに対し、ももクロは2~4種類、さらに握手会の有無という決定的な違いはあるが、それにしても売り上げ枚数で見れば両者の差は大きい。

「ももクロはいつも一生懸命!」「口パク生で聞く必要ない」

   ももクロのライブがAKB48よりも望まれているのはなぜだろうか。

   Yahoo!の意識調査のコメント欄を見てみると、ももクロを選んでいる人は「元気で、いいも悪いもナマモノって感じがいいね」「ももクロはいつも一生懸命って感じがします」などももクロへの好意で投票した人、「AKBのあくどい商法にもみんな飽き飽きしてるのでは?(中略)その点、ももくろは歌も聴いてて思わず笑っちゃうような親しみやすさがいいです」「AKBはごちゃごちゃしてそうだし、、、モモクロは一生懸命だし、見てても不愉快にならない」などAKBよりももクロの方がいい所があるという人、「AKBはテレビタレントという感じ。ライブは別に・・・」「AKBは口パクなんだろう?だったら生で聞く必要ない」などAKB48へのネガティブな感情からももクロに投票した人などさまざまだ。

   一方、AKB48に投票した人は「AKBが女性アーティスト初だからどういうライブか気になる!」「モモクロのパフォーマンスは派手すぎてついていけない」「どちらとも興味はないが見るなら数で勝るAKBかな」など、数は少ないが多様なコメントを残している。

   2ちゃんねるでは、この結果を知ったAKBファンが「まあ勢いは完全にあちらの方があるよね。それは認める」「売上より好感度で一位を目指してほしかったわな 売上やらミリオンにこだわった時点でAKBの敗けだったのかも知れん…」「国民の総意は『どっちも興味ない』だろ」など、意外にも少し冷めたような書き込みをしている。

   ピークを過ぎたのでは、とも言われるAKBだが、12日の最終日までに「大逆転」はあるだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中