「桜の木、撮り鉄に勝手に切断された」 しなの鉄道ツイッター「炎上」で謝罪

印刷

   鉄道の写真を撮影することを趣味とするオタク、いわゆる「撮り鉄」が、勝手に桜の木を切り倒してまで撮影したとして、鉄道会社のツイッターアカウントが苦言を呈した。

   花をつける前の大事な木が切られてしまったという悲痛なツイートで、撮り鉄への非難の声が高まった。しかし一方で、「撮り鉄がやった」という確かな証拠はなく、批判的な意見も大量に寄せられ、炎上騒ぎとなっている。

「もうすぐ咲く桜の木切って撮影した写真に何の価値が?」

切断されたという桜の木の写真
切断されたという桜の木の写真

   被害を訴えたのは、長野県の鉄道会社「しなの鉄道」だ。

   2013年2月21日、「正式な非公式アカウント」として社員が運用しているツイッターアカウントで、こんな投稿があった。

「残念なお知らせです。信濃追分~御代田間の浅間山を望めるカーブ区間に植樹されていた桜の木のうち4本が無残にも切断されてしまいました。植樹されてから数年、初めて花の咲く日を待っていました。切られた枝の先には初めての蕾がついていました」
「もうすぐ咲く桜の木を切ってまで撮影した写真に、何の価値があるというのでしょうか?撮影者の方ご自身に、今一度問いかけていただければと存じます。あなたの首を絞めているのは、あなた自身です」
「桜の木は当社用地内に植樹されていたものです。写真を見ていただければ自然に折れたものでないことはお分かりいただけるかと存じます」

   これらのツイートには、桜の木の切断面や、切り倒され地面に投げ出されている蕾をつけた枝の写真が添付されており、何とも痛々しい。

   ツイート内容から「撮り鉄がやった」と思った人は、しなの鉄道のアカウントあてに「犯罪でしょこれ。不法侵入と器物損壊罪に値するのか?邪鉄を許すな!!」「正に『鉄』の面汚しですな。枝折った馬鹿は…」「木を切らねば写真も撮れないような奴は、二度とカメラを手にしないでもらいたいものです」など、撮り鉄への批判をツイートした。

「状況からの推測で撮り鉄が切断したと書いた」

   一方、撮り鉄がやったという証拠のないツイートに不信感を抱く人も多く、「鉄が切った証拠でもあったんですか?ないなら推測にすぎないんじゃないですか?」「どこに鉄道ファンがやったという証拠があるのですか?そこは撮影地なのですか?しっかり説明した上でツイートしてください」などのツイートも寄せられた。

   さらに怒った鉄道ファンが「【拡散希望】このアカウントは鉄道ファンのしたことではないことも全て鉄道ファンのせいにしようとしています!」と非難のツイートをしたり、「垢(編注:アカウントの意)消せ!垢消せ!」と大量に連続リプライを送りつけたりと、炎上状態になってしまった。

   問題のアカウントは2月22日朝、「昨晩の一連のツイートに関しまして、桜を切断した方を撮影目的の方とした書き方をさせていただきましたが、これは当方の状況からの推測であり、証拠があるわけではありません。この部分に関しましては行き過ぎた表現となってしまい、大変申し訳ありませんでした」と謝罪のツイートをした。

   桜の木切断の真相についてしなの鉄道に問い合わせたところ、現在調査中で22日夕方頃に改めて説明する予定とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中