全柔連の聴取拒否 暴力告発の女子柔道15選手

印刷

   柔道全日本女子で起きた暴力・パワハラ問題をめぐり、告発を行った女性選手15人が、全日本柔道連盟(全柔連)が立ち上げた第三者委員会からの聴取要請を拒否した。読売新聞などが2013年2月26日報じた。

   第三者委員会が25日に聞き取り調査を依頼したが、全柔連への不信感、またJOCにすでに経緯を説明していることもあり、代理人の弁護士が断ったという。同委員会は笠間治雄・前検事総長を委員長に立ち上げられ、精神科医の香山リカ氏などが参加している。19日初会合を行ったばかり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中