「維新の会」、日銀人事で亀裂深まる 橋下氏激怒、「もう関わらない」と国会議員団にメール

印刷

   大阪市の橋下徹市長が共同代表として率いる日本維新の会で、橋下氏と国会議員団との間の溝がいよいよ顕在化してきた。

   次期日銀総裁の人事案をめぐり、一部国会議員が橋下氏について「口出ししないで欲しい」と批判したところ、橋下氏が激怒。「以後、維新の会には関わりません」と突き放した。

一部野党は「民間から起用すべき」と政府案に反対姿勢

   日銀総裁の人事は国会の同意が必要で、政府は2013年2月28日、黒田東彦・アジア開発銀行総裁を起用する人事案を衆参両院の議院運営委員会理事会に提示している。黒田氏は財務省OBで、みんなの党など一部野党が「民間から起用すべき」と反対姿勢だ。橋下氏もこれに同調する形で、「まず、民間人から人材を探るのが維新の会の哲学」と主張。「リフレ派」として知られる岩田規久男・学習院大教授を起用すべきだとした。

   だが、国会議員団に目を向けると、小沢鋭仁国会対策委員長は政府案を「ベストに近い」と高く評価。中には「橋下氏は口を出さないでほしい」と発言した国会議員もいたという。これに激怒したのが橋下氏だ。

   橋下氏は2月27日、

「これから口は出しませんが、以後、維新の会には関わりません。皆さんで自由にやってください」

と、怒りのメールを国会議員団に送った。2月28日にも、記者からメールの真意を問われ、

「口出すなって言うんだったら、関わらないですよ」
「そんなことまで言われて、代表のポジションにしがみつくような、そんな僕は、人生哲学持ってませんからね!」

と改めて怒りをぶちまけた。

旧「太陽」重鎮はメールが使えない

   これに対して小沢氏は同日、橋下氏に陳謝したことを明かし、「当然、あらゆることに意見を言っていただくことはいい」と釈明。火消しに追われた。

(2/28 19:00 追記: 橋下氏は同日午後の会見で、松井一郎大阪府知事(維新の会幹事長)が両者の溝を埋めるために奔走したとして「大体、解決した」と、幕引きを図りたい考えだ。人事案についても、国会議員団が橋下氏の意見を聞いた上で「議員団が判断すればいい」と述べた。)

   また、ITリテラシーをめぐっても党内で溝があるようだ。旧「太陽の党」出身の石原慎太郎共同代表や平沼赳夫は定期的にメールをチェックする習慣がなく、政策資料はファクスでのやりとりを強いられているという。橋下氏がツイッターで情報発信したり、大量のメールで部下に指示を出したりしているのとは対照的だ。

   日経新聞によると、旧「維新」出身の浅田均政調会長はタブレット端末の愛用者で、メールで情報交換できないメンバーがいる現状に「ファクスなんて超アナログやないか」と嘆いていたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中