遠隔操作の片山容疑者、再逮捕へ 日航機爆破予告の疑い

印刷

   パソコン(PC)遠隔操作事件で、警視庁などの合同捜査本部は、イベントでの殺人予告を掲示板に書き込んだとして威力業務妨害の疑いで逮捕されていたIT関連会社社員、片山祐輔容疑者(30)を、2013年3月3日にも再逮捕する方針を固めた。時事通信などが1日夜から2日にかけ、相次いで報じている。

   報道などによると容疑は、2012年8月、大阪府のアニメ演出家の男性のPCを遠隔操作して日航機の爆破予告メールを送ったハイジャック防止法違反などの疑い。この遠隔操作が原因でパソコン所有者の男性は誤認逮捕されていた。

   一方、片山容疑者は、東京地方裁判所で2013年2月下旬にあった手続きの中で「私は犯人ではありません」と述べるなど、事件との関係を否定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中