「顔が良い」「背が高い」「料理が上手」「大企業勤務」・・・ 結婚したら、そんな条件「どうでもいい」

印刷

   「結婚したらどうでもよかった結婚の条件は?」。そんなアンケートを既婚者に行ったところ、夫、妻ともに容姿やスタイルはどうでもよく、また、夫が大企業に勤めているかどうかや、妻が「料理が上手」「性格が優しい」というのも、どうでもいいのだという。

   さすがに「お金がない」というのは上位には来なかったが、専門家によれば、夫の収入が低い場合でも、社会全体がそうだから「どうでもいい」のだという。それでは、夫婦生活を送るうえで、「どうでもよくないもの」は何なのだろうか。

女性が望むのは平均的な年収、外見、性格の「三平」

   このアンケートは「gooリサーチ」が行った「既婚者に聞いた!結婚してみたらどうでもよかった結婚相手の『条件』ランキング」。調査期間は2013 年1月9日から13年1月10日で、有効回答者数は1072人だった。

   妻が「どうでもよかった」と答えたベストテンは、1位は顔が良いで、2位以下は背が高い、家柄が良い、若く見える、スタイルが良い、声がかっこいい/かわいい、若い、友達が多い、大手企業に勤めている、まめに連絡をくれる、と続く。

   夫はといえば1位は家柄が良いで、2位以下は顔が良い、スタイルが良い、性格が優しい、料理が上手、若く見える、大手企業に勤めている、家事が一通りできる、センスが良くておしゃれ、お金の管理ができる、と続いている。

   昔は「三高」などと呼ばれ、女性の場合は男性に高身長、高学歴、高収入を求めていたが、それはどうなったのだろうか。結婚情報サービスのノッツェ広報によれば、時代が変わり、今は「三平」を望む人が増えた。「三平」というのは平均的な年収、平凡な外見、平穏な性格、なのだそうだが、これがこのアンケートに影響しているのだろうか。

   夫婦生活の現状に詳しい離婚カウンセラーの池田昭子さんによれば、アンケートにある顔やスタイルは「どうでもいい」というのは、結婚する前から既に分かっていることだから、結婚してから離婚の問題になることはまずない。また、女性が男性に高収入を期待した時代は過去のもの。不況が続いていて収入が下がり続けている今は、給料が低いことを知った上で結婚するため、

「これから2人で頑張って収入を上げようとか、景気によって収入は変化するからしかたがない、という意識が働きます。生活していけるだけの収入があるならば、離婚の原因になることは少ないです」

と池田さんは説明する。

離婚問題になるダントツは「コミュニケーション」

   夫が妻に対し「性格が優しい」はどうでもいい事に関しては、一緒に暮らすわけだから、「優しい」よりは「頼りになる」存在でいてほしい。「料理が上手」については、現在は共稼ぎが普通になっているため食事を作ってもらう時間がないことや、外食、コンビニ、ケータリングなどで手軽に美味しいものが手に入る。また、お客を手料理でもてなすようなイベントも少なくなっているため、料理上手は「宝の持ち腐れ」と思っているのではないか、という。

   結婚後のトラブルになる原因は、夫の場合は浮気、ギャンブル、DVなどの「素行」や、妻との良好なコミュニケーションができないこと。妻の場合は男性に比べ「素行」が問題になることは少ないものの、やはり夫と良好なコミュニケーションが取れないことが原因になる。夫婦関係が悪くなる原因の一つに会話があり、妻は普通に話しているのだが、夫は「生意気な言い方をしてくる」とトラブルになるという。

   「妻から怒られている、と感じてしまうようなのですが、女性は意識して穏やかに話すように、などのカウンセリングをすることによって、問題が解決する場合もあります」 と池田さんは話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中