「お父さん、大好き!」若い女性の間で増える 腕組んでデート、お休みのキスに「ぎゅーも」

印刷

   「お父さんが大好き」な若い女性が増えている。家で抱きついたり、二人で買い物に行ったりというのは序の口で、大人になっても一緒にお風呂に入ったり、街で腕を組んで歩いたりするのだそうだ。

   娘を持つ父親からは「うちの娘もそうならないかな」などとうらやむ声が上がっている。

「朝起きたら,『パパー』って言いながらぎゅーしに行きます」

   インターネットのQ&Aサイト、Yahoo!知恵袋には「私はお父さんが大好きです」という書き込みや「父親が好きすぎる娘のことで悩んでいます」といった母親の相談があって、そこに「自分も父親大好き」という10代~20代女性からの回答が数十件も寄せられている。いくつか挙げてみると、以下のようだ。

「私は父が大好きで大好きで、中学三年まで一緒にお風呂に入っていました。お休みのキスもしていたし・・・ いくつになっても好きなバンドのライブも一緒にいったりしていましたね」
「私は大学生ですが,父親とかなり仲良いですよ.朝起きたら,『パパー』って言いながらぎゅーしに行きますし,仕事行くときも行ってらっしゃいのぎゅーもしますw ソファーに父がいても同じように抱きつきに行きますが,私が一方的で父は黙ってるだけです・・・笑」
「私もお父さんが大好きです! 休日は一緒に出かけたりするのが多いです(笑)お父さんが仕事の時はムービーを撮って送って貰ったりしてました!そのくらいお父さんが大好きです(笑)」
「いまだに父と一緒の布団で寝たり(今現在私は20歳です)パンツを一緒に洗わないでというのもありませんでしたよ。今でも一緒に私の買い物についてきてもらったり写メも一緒にとったりしますよw結婚するなら父みたいな人がいいですし」
「お父さんの写真を撮ったり、横に寝そべって話しかけたり、後ろからこちょこちょしたり。一緒に住んでいる時は二人で半日買い物に出かけたりもしてましたね」

   また、10代後半の女子大生にJ-CASTニュースがきいたところ、やはり父親のことは「好き」で、「二人で買い物に行くし、抱きついたりする」と話し、そう珍しいことではないようだ。

父親「羨ましい限りです」「うちの娘もそうなってくれないかな~」

   こうした女性に、娘を持つ父親からは「男親の立場としては、そのお父さん羨ましい限りです」「小学3年生の娘がいますが、『うらやましい』です。うちの娘もそうなってくれないかな~」「とても理想的で良い事だ。父親にとって自分の娘から愛されるというのは、この上ない幸せな事であり、いろんな意味で励みにもなると思う」などとうらやむ声や、「『ライブ、観に来てね』と私に頼む娘は、友達から『お父さんが観に来てくれるの!?いいな~!』と、羨ましがられるそうな(^^)」「娘は大きくなったらパパのお嫁さんになると言ってるw 余りに可愛すぎて時々泣けてきてしまうw」といった自慢が出た。

   カルピスが女子高生308人と父親309人に対しておこなった調査(2013年1月25日発表)によると、「父親を好きかどうか」という質問に対して、女子高生の約6割が「好き」と回答し、「嫌い」は2割に満たなかった。また、父親に点数をつけるとしたら何点か平均値を算出したところ61.4点で、父親の自己採点の平均値(52.5点)より8.9点高かった。こうしたことからも、父親の自己評価とは裏腹に「お父さんのことが好き」な女性が多いことがうかがえる。

   マーケティングライターの牛窪恵さんによると、10代~アラサーまでの女性は確かに「お父さんが好き」。その理由の一つには、彼女たちの父親が40~50代前半の「バブル世代」にあたることがあげられる。若々しく、オシャレに気を使い、女性のエスコートが上手で、娘にもできるだけ良いところ、良いお店に連れて行ってあげたいという気持ちが強いのだそうだ。

   対して彼女らと同世代の若い男性は、気持ちやお金にあまり余裕がなく、「草食系」も多い。「ワリカンだし、どこかに連れて行ってもくれない」、 「だったらパパとデートするほうがいい」となるという。

   このほか、ツイッターなどでは「無駄に反抗するよりメリット豊富」「私もそんなにパパン嫌悪はなかったけどな。お買い物も行くよ~。goldなカード目当て(笑)」と少し冷めた見方も出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中