フジテレビのWBCにネガキャン? ネットでは「韓国が負けたから」「自局で放送が無いから」

印刷

   フジテレビがまるで、「WBC(ワールドベースボールクラシック)を見るな!」といわんばかりのネガティブキャンペーンをしている、などとネットで話題になっている。

   2013年3月13日放送のワイドショー「とくダネ!」では、「WBCには興味がないんですよ」「フィギュアスケートを観ればいいんですよ」などといったコメントも飛び出した。

日本が勝利したかはニュースでチェックすればいい

   この日の「とくダネ!」はWBCの特集を組み、家庭ではどのようにWBCをテレビ観戦しているのか、2つの家族を紹介した。野球の熱烈ファンだという家族は、前日のWBC2次ラウンド決勝で日本がオランダを10―6下し1位通過を決めた試合を見ていたが、途中から疲れたような顔になり、試合終了後に、

「ダメでしたね。眠さが限界でした」

と父親が語るシーンを流した。

   もう一方の家族は、3歳の娘がいる3人家族で、野球ファンはお父さんだけ。この日はWBCをテレビで観るために早めに帰宅したのだという。すると妻は、

「じゃぁ、帰宅しようと思えば(職場から)早く帰ってこられるわけ?」

   と夫に詰め寄った。娘はWBCではなくDVDのアニメが観たいとダダをこね、テレビ画面の前に立って視聴を妨害、終いには泣き出してテレビを消してしまった。試合が4回まで進んだ頃に、妻から風呂掃除をするよう指示された夫はしぶしぶ従い、リビングに帰ってくると娘がテレビを占領していて、この後WBCを観る事が出来なかった、という説明が付いた。妻は、

「わざわざ長い時間テレビを見る必要がない。試合結果は後でニュースでチェックすればいい」

と語っていた。

   カメラがスタジオに切り替わると、司会の小倉智昭さんが、野球は長い試合を観てさらにプロ野球ニュースを観るのが醍醐味である、とフォローしたが、コメンテーターの黒川伊保子さんは、

「WBCには興味がないんですよね」

と切り捨てた。

「フィギュアを観ればいい。フィギュアを楽しみにしています」

   黒川さんによれば、前回までの大会ならイチロー選手やダルビッシュ有投手など「イケメン」がいて、ピンポイントで楽しめたが、今回はそうした選手が見当たらない。

「今回はポイントが分からない。イケメンポイントが分からないんですよ」

というと、フジテレビの笠井信輔アナウンサーが、

「分からなかったらフィギュアを観ればいいんですよ。私はフィギュアを楽しみにしています」

と返した。

   番組ではこの後に、フジテレビで14日から放送する「世界フィギュア2013」の特集を放送した。

   この放送についてネットでは、日本が3連覇を目指し勝ち進んでいて応援しなければならないはずなのに、フジはあからさまなネガキャンをやった、などと騒ぎになった。ネットの掲示板やブログには、

「他局がWBCを放送して高視聴率だからといって嫉妬が酷すぎる」
「韓国が予選で負けたから、韓国特集がパーになった腹いせだろう」
「視聴率民放4位に転落する理由がわかったよ」

などといった怒りの声が挙がっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中