河口湖の水位が低下、一部で湖底が露出 「大地震?富士山噴火?」ネットで大騒ぎ、専門家は冷静

印刷

   山梨県の河口湖の水位が低下して湖底の一部が露出する事態になり、インターネット上で「何かの前兆か」と騒がれている。

   県治水課によると2013年3月21日現在、確かに量水標は-3.3mという数値を示していて、例年(約-2.2m)よりも1mほど低くなっている。ただ、「異常事態」と言い切れるほどのものではなく、専門家も大地震や噴火につながるものではないとの見方を示している。

1997年には「今より1m以上下がっていた」

   21日、「モーニングバード!」(テレビ朝日系)で流された映像では、通常は河口湖の水面に島のようにある六角堂が、湖畔から陸続きの状態になっていることが見て取れた。露出した湖底には漁の網が見えるなど、通常よりかなり水位が低下しているように見える。

   治水課の担当者もJ-CASTニュースに対して、「例年に比べれば(水位は)確かに低い」と話す。原因は「12年夏場以降、雨が少なかったことくらいしか考えられないですね」。気象庁のデータによると、河口湖の降水量は平年値1568.1mmに対して、12年の降水量は1473.5mmと少なくなっている。

   ただ、水位は、数字上はそこまで珍しいことでもないようだ。

   2007年には-3m、2008年には-3m、2009年には3.2mという数値が記録されている。また、全国的に深刻な水不足に襲われた1997年には「今より1m以上下がっていた」という。news every.(日テレ)では「(ここまで干上がっているのは)はじめてですね」とする地元住民のコメントを紹介していたが、当時の報道を見ると、この時にも六角堂まで歩いていけるようになっていたらしい。

   今回の陸続きの映像について、担当者は「浅いところと深いところがありますのでね、普段見えてないものが見えるとインパクトは大きいんだとは思いますけれど」と話した。とくに「異常事態」ととらえている様子はうかがえない。

「本当に問題になるとすれば、このまま水位が下がり続けて(農業用水など)他に支障が出てきたときでしょうけれど、今はそういう(農業の)時期でもないですし、これから下がり続けるかも分からない。なんともコメントできないですね…」

今回だけが特別ではない?

   他方、こうした水位の低下を受けて、ネットの一部では「関東大震災の前兆か?富士山噴火の前兆の可能性も」などと騒がれている。

   その根拠は「3月1日から4日にかけて水位が6m急激に下がった」とする画像が出回っていること、そして「富士五湖のうち、河口湖だけが水位が低下しているらしい」ということだ。

   これらについて県担当者に話をきくと、「急激な水位の低下」については、「そういったことはないですね。ネットで数値を公開しているのですが、河口湖の計測器に不具合が出ていて、現在は公開をやめています。3月頭に機器を補修した時に、変な数字が一瞬表示されていたんです。それをご覧になったのでは」。

   また、「河口湖だけが水位低下している」のは、「冬場なので(水位は)全体的に下がり気味ではあります。河口湖ほどではないですが」と話し、以前に水位が低下したときにも、「似たような下がり方だったと思う」という。つまり、今回だけが特別と言うことはないようだ。

   気象庁や専門家も、水位の低下が直接地震や噴火につながることはないという見方を示している。FNN(フジテレビ)の取材に対して、東京大学の笠原順三名誉教授は「富士山直下の地震が急に増えているという現象もないので、直接、すぐに噴火というのは、心配しなくてよいのでは」「現在、富士山の北北西の方で、微動や傾斜変動があるんですが。例えば、河口湖の湖底に割れ目が 入り、水が(地下に)流れることがあるかもしれないが、傾斜変動や微動が直接、河口湖の湖面の低下に関係があるともないともはっきり言えない」と話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中