ICカード乗車券全国相互利用、23日からスタート

印刷

   JR各社や各地の私鉄が発行する10種類のICカード乗車券の全国相互利用が、2013年3月23日から始まった。

   相互利用できるようになったのはJR東日本の「Suica」、首都圏の私鉄などの「PASMO」を始め、JR北海道の「Kitaca」、名古屋市交通局・名鉄の「manaca」、JR東海の「TOICA」、関西の私鉄などの「PiTaPa」、JR西日本の「ICOCA」、福岡市交通局の「はやかけん」、西鉄の「nimoca」、JR九州の「SUGOCA」の10種類で、手持ちの1枚で出張先や旅行先で電車やバスに乗ることができる。

   ただし、それぞれの乗車券の基本エリアをまたいでの利用は不可。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中