ガンバ大阪、サポーター3人を処分 熊本戦でマスコットに卑劣な行為と

印刷

   サポーターが相手チームのマスコットを襲撃した問題で、ガンバ大阪は2013年3月25日、卑劣な行為をしたとして無期限入場禁止などの処分をしたことを明らかにした。

   サポーター3人は、20日のJ2熊本戦の試合開始前、熊本のマスコットのロアッソくんに対して無理やり着ぐるみの首を外すといった行為をしたとされていた。3人は処分で、それぞれ無期限、3試合、1試合の入場禁止になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中