「怠慢国会」本当の崖っぷち 「一票の格差」16件中14件が違憲

印刷

   「一票の格差」問題をめぐり全国の高裁・高裁支部で行われていた16件の訴訟は、14件に「違憲」、さらにうち2件には「選挙無効」の判決が下るという、政府側に対して極めて厳しい結果となった。

   弁護士グループが「法の下の平等を定めた憲法に違反する」として起こしていたもので、2013年3月27日、最後に残された仙台高裁秋田支部の判決が言い渡された。久我泰博裁判長は「違憲」との判断を示したが、選挙やり直しを求める請求は棄却した。

「合憲」判決はゼロ、新聞も一斉批判

   一票の格差問題をめぐっては、2009年の衆院選に対し(最大格差は2.30倍)最高裁は11年3月に「違憲状態」の判決を下していた。しかし具体的な改善策が実現されないまま、12年総選挙は最大格差2.43倍とさらに拡大した状態となっていた。

   一連の訴訟では、3月6日の東京高裁判決を皮切りに、実に14件の違憲判決が下った。残る2件(名古屋・福岡高裁判決)も、一定の期間内に改善されなければ違憲とみなされる「違憲状態」で、「合憲」とするものは1つもなかった。また25日には広島高裁が、翌26日には広島高裁岡山支部が、これまで例がなかった「無効」の判決を下した。

   これを受け新聞各紙も26日朝刊などで、「一票が暴いた危機」(朝日)、「是正に国会待ったなし」(毎日)、「『違憲審査権の軽視』に怒り」(読売)、「怠慢国会に究極判断」(産経)とそろって国会の「無為無策」を糾弾している。

   自民、公明両党はひとまず、小選挙区定数の「0増5減」を反映する公職選挙法改正案成立を最優先課題として取り組むとしている。一方でみんな・渡辺喜美代表、維新・橋下徹市長など抜本的な対策を求める声も上がっており、先行きは不透明な状況だ。

プロ投資家みたいに「悪魔の囁き」に強くなれ!

   初心者はデータより感情に左右されやすい。「あと少しで取り返せる」「今取引したほうが儲かるかも...」言葉で説明できない悪魔の囁きに打ち勝つ方法と...続きを読む

PR 2015/03/23

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
050
ご冗談でしょう 2013/4/ 1 10:55

一票の格差を完全に是正すると議員の半分は大都市圏から出るようになるけどそれでいいの?
現在のシステムは大都市から吸い上げて地方に巻くことで均一なインフラを提供する事を目指した結果に思えるんだよね
勿論今の状態で地方の活性化なんて焼け石に水だから地方なんて切り捨てて大都市圏を強化すべきって意思に基づく一票の格差の是正ならわかるんだけど
どう考えてもそうした積極的な意思は感じられず単に司法によるイヤガラセの域を出ない感じなんだよね

049
ZARDの「負けないで」 2013/3/31 15:10

ZARDの「負けないで」を広島弁で。

「負けたらいけん」==>負けたら違憲、負けたら違憲!

048
気持ち悪い裁判 2013/3/31 06:41

訴訟した弁護士の苗字みたか?

『金○』(笑)

いかにも、あっち系の苗字。バリバリの反日左翼の弁護士じゃねぇか(笑)

12月の選挙無効求める裁判をこの弁護士連中にけしかけたのは、どう考えても半島人集団の民主党だろ。


結局、コイツらは日本人の日々の生活や経済のことなんて何も考えていない。ただ引っかき回して、再び、半島大陸由来の民主党政権の再現をしたいだけなんだろうな(笑)。まあ、100%無理だけど。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

通話や通信もストレスなし、LTE 接続も可能。こんどこそ、格安SIMに乗り換える好機?

春のライダー達に立ちはだかる大きな壁、それが「花粉症」

バイク

量だけの問題じゃない!

実験。同量の食事を急いで食べた人は、よくかんだ人より肥満する率が倍だった?!

ミニッツシンキング