西武球団売却など提案の意向「一切ない」 サーベラスが主張

印刷

   西武ホールディングス(HD)へのTOB(株式の公開買い付け)を実施している米投資会社サーベラスの日本法人、鈴木喜輝社長は、西武鉄道の不採算路線の廃止やプロ野球球団・埼玉西武ライオンズの売却を提案する意向は「一切ない」と話した。2013年3月27日、報道陣の取材に答えた。

   サーベラスの鈴木社長は、西武HDが球団売却などに反発していることについて、「今後のビジネスの方向性を議論する、そのアイデアの一つという位置付けで、まったくこだわっていない」と語った。ただ、TOBは継続するという。

   サーベラスは現在、西武HD株を約32%保有する筆頭株主。3月12日から、4%程度を追加取得するTOBを進めている。

   これに対抗して西武HDは26日、TOBに反対を表明。サーベラスの提案は、「企業価値を損なう恐れがある」と主張していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中