堀潤さんNHK退職 フリー記者取材支援の資金調達サイト設立へ

印刷

   NHKを2013年4月1日付で退職した堀潤さん(35)が、市民記者やフリージャーナリストを対象としたクラウドファンディング(ネットを通じた資金調達)事業を立ち上げる。

   J-CASTニュースに構想を明らかにしたもので、堀さんが現在運営中の市民ニュースサイト「8bit News」をリニューアルする形で、13年夏のサービス開始を目指す。

取材プランに共感した人が資金を提供

J-CASTニュースの取材に、新規事業の構想を語った堀潤さん(3月29日、都内で)
J-CASTニュースの取材に、新規事業の構想を語った堀潤さん(3月29日、都内で)

   クラウドファンディングは、製品開発やイベント開催などを目指す個人・団体などが、専用のウェブサイトでその構想を紹介、広くネット上のユーザーから資金を募るというサービスだ。近年日本でも注目を集め始め、複数のサービスが立ち上げられている。

   堀さんが目指すのは、市民記者やフリーのジャーナリストなどを主な利用者として想定している。取材者側からの、

「○○というテーマについて取材したい」

といった構想に対し、共感した一般のユーザーが資金を提供できるようにする。取材者は資金提供者と取材方針についてやりとりをしながら、協力し合って取材の完成を目指すという。

   堀さんが代表を務めるNPO法人「8bit News」が運営主体となる。

出版社やジャーナリストからも賛同取り付ける

   すでに準備は始まり、2日から賛同者からの寄付を呼びかける。夏までのスタートを予定している。すでに大手出版社などからの協力や、フリージャーナリストからの賛意も取り付けているという。

   堀さんは、

「近年は既存マスメディアも、お金や時間のかかる調査報道から撤退するところが多い。しかし取材費をファンディングという形で市場から集められれば、情報発信のインフラを欲する市民やフリージャーナリストと、インフラはあるが資金がないメディアの橋渡しができるかもしれない」

と語っている。

   堀さんはツイッターなどでの発言や、留学先の米UCLAで制作した原発ドキュメンタリー映画の上映問題をめぐりNHKと対立、3月18日に退職届を提出しており、4月以降の活動内容に注目が集まっていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中