夢の内容、解読に成功 脳活動パターンから予測

印刷

   国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、脳情報研究所・神経情報学研究室の神谷之康(かみたにゆきやす)室長らのグループが、睡眠中のヒトの脳活動パターンから見ている夢の内容を解読することに成功した。論文は、2013年4 月4 日(米国東部時間)付けのサイエンス・オンラインに掲載された。

   機能的磁気共鳴画像(fMRI)装置を用いて、寝ている間の脳活動を計測し、起こして直前の夢の内容を言葉で報告させることを繰り返した。

   そのデータから、「本」「クルマ」など、約20 の物体が登場しているかどうかを脳活動パターンから予測するパターン認識アルゴリズムを作成。睡眠中の脳活動を解析することで、夢に現れているものを高い精度で解読することに成功した。

   また、夢を見ている時には、画像を見ている時と共通する脳活動パターンが生じていることがわかったという。

   今後、この手法が心理状態の可視化に応用され、想像・幻覚などを解読することによって精神疾患の診断に貢献することが期待されるという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中