がん患者のリハビリ、日本でも対応進む 選任の医師や職員を配置、「療養生活の質」高める

印刷

   欧米に比べて非常に遅れていたがん患者に対するリハビリテーションが日本でも確実に進んできている。2013年 3月21日、東京で開かれた日本医学ジャーナリスト協会例会で、この分野の第一人者と目される辻哲也・慶応義塾大学医学部准教授 (リハビリテーション医学) が現状を報告した。

米国では1960年代から注目

   頭頸部がんであれば嚥下や発声障害、乳がんではリンパ浮腫、開腹手術では呼吸器合併症などがん治療後にはいろんな機能低下が起きる。患者のQOL(生活の質)を高めるためにリハビリが重要なことは1960年代から米国で確認され、82年には全米の主要大学やがんセンターにリハビリ専門職員が配置された。

   辻さんは2002年、県立静岡がんセンターのリハビリテーション科部長に就任、2005年に慶応大学病院に転じたが、当時、がんのリハビリは他のほとんどの病院では行われていなかった。

   2006年のがん対策基本法で、がん患者の療養生活の質の向上がうたわれてから厚生労働省や関係学会などが医師、看護師、リハビリ専門職を対象にした研修会を開くなど人材養成が始まった。2010年の診療報酬改定で、研修を受け、経験を積んだ専任の医師や専門職がいる病院では「がん患者リハビリテーション料」が算定できるようになり、いっきょに広がり始めた、という。

   慶応大学病院腫瘍センターは各診療科の入院患者だけでなく、全国で初めて外来患者を対象にしたがんのリハビリ外来も設けている。辻さんはセンターのリハビリ部門長でもあり、日本リハビリ医学会のがんリハビリ診療ガイドライン作りの代表者も務めている。「医療界にも患者さんにも、リハビリの重要性をもっと知っていただきたい」と訴えた。

(医療ジャーナリスト 田辺功)

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中