「現代のベートーベン」佐村河内守がブーム 「Nスペ」で特集、音楽総合チャート2位に急浮上

印刷

   両耳の聴力を失った作曲家、佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんに注目が集まっている。2011年7月に発売された「交響曲第1番《HIROSHIMA》」は、クラシックとしては異例の累計出荷枚数12万枚を突破した。

   NHKの番組では佐村河内さんの創作現場に密着。ごう音のような耳鳴りと戦いながら曲作りに励む壮絶な様子が放映された。

「みなさんが幸せになれるように曲を書いている」

佐村河内守さん(写真提供:日本コロムビア)
佐村河内守さん(写真提供:日本コロムビア)

   現在49歳の佐村河内さんは14年前、両耳が全く聞こえなくなった。原因不明の病気だという。幼いころからピアノの「英才教育」を受け、作曲家の道を志していたなかで、言わばどん底に叩き落とされてしまった。2013年3月31日放送のNHKスペシャルでは、佐村河内さんのこれまでの歩みや、病と闘いながらも創作を続ける日々を映し出した。

   四六時中襲いかかる「ごう音耳鳴り」のため、日常生活にも支障をきたす。大量の薬を服用してしのぎながら、自宅の作業部屋にこもり、精神を集中させて頭の中で曲を描く。聴力が失われた佐村河内さんにとって、多くの楽器で演奏される交響曲を作曲するうえでの頼りは、自身がもつ絶対音感と過去に聞いた楽器の音色だ。例えば記憶に残っているトロンボーンの音を思い浮かべながら数小節のメロディーを浮かべる。その後でトランペットほかの管楽器で旋律を考え、先のトロンボーンに重ねる。木管楽器、弦楽器も同じように作業を続けて複雑なメロディーを組む。これを何度も繰り返して曲が完成するというわけだ。

   作曲の際にも絶えず耳鳴りが邪魔をする。その「雑音」のすき間をぬって「降りてくる音を自らつかみ取る」と本人は話す。番組では、苦しみのあまりベッドから起き上がれない姿や、作業の追い込みのため薬を服用し、その影響で歩けないにもかかわらず這いつくばって机に向かうシーンが流された。東日本大震災の犠牲者や被災者のために鎮魂歌をつくろうと、氷点下の夜中の海岸に何時間も立ちつくす。命懸けで創作に臨む迫力はすさまじい。

   佐村河内さんは海外メディアでもかつて紹介されている。米誌「タイム」が2001年9月15日付の記事で特集していた。当時、ゲームソフトの音楽を担当して脚光を浴びていた半面、聴力はなくしていた。取材に対して「自分でつくった曲の演奏を聞けないのは最も悲しい。でも、私は自分のためではなくみなさんが幸せになれるように曲を書いているのです」と語っている。

「1万枚売れれば大ヒット」のクラシックで12万枚突破

   「Nスペ」の影響は大きかったようだ。オリコンによると、最新の4月15日付週間ランキングで、2011年発売の「交響曲第1番《HIROSHIMA》」が前週の175位から一気に2位へ急浮上した。前週100位以下からのトップスリー入りは異例で、アルバム自体も2012年12月3位付で9位を記録して以来4か月ぶりの「ひとケタ」ランキングとなる。クラシックチャートではなくあらゆる楽曲の総合ランキングで2位なのだから、驚きだ。

   クラシック音楽業界の関係者に話を聞いた。この人物は「交響曲第1番《HIROSHIMA》」が発売されたと同時に購入したが、最初から爆発的にヒットしていたわけではなかったそうだ。発売後1年以上がたった2012年11~12月に、NHKやテレビ朝日の番組が佐村河内さんを取り上げ、その頃にオリコン9位に入っている。今回の「Nスペ効果」も合わせて、メディアによる露出が佐村河内さんの知名度アップと作品のプロモーションに貢献したのだろう。

   それを差し引いても、累計12万枚というのはクラシックの世界で驚異的数字と言えそうだ。前出の業界関係者は「1万枚売れれば大ヒット」と説明する。普段はコンサートに足を運ばないが「ちょっと興味がある」という潜在的クラシックファンが、テレビ番組で佐村河内さんのドラマチックとも言える人生や魂を込めた創作風景に触れ、アルバムを手にするパターンが急増したのではないかと推測する。

   音楽性も「音大には進まずに独学で作曲を学んだというが、とても聞きやすく、それでいて構成がしっかりしている」という。また「交響曲第1番《HIROSHIMA》」は、両親が被爆者、自身も被爆2世という生い立ちや、聴力を失った後に再起をかけた作品というテーマ性があり、「聞く人に鮮烈な印象を与え、ファンを広げていったのではないでしょうか」。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中