ミュージシャンはネトウヨがお嫌い? 「キッタネエ思考」「可哀相としか」批判相次ぐ

印刷

   インターネット上での韓国批判や新大久保での反韓国デモが賛否両論巻き起こし盛り上がっている中、ミュージシャンによる「ネット右翼(ネトウヨ)批判」が相次いでいる。

   過激な韓国罵倒ツイートやデモでのヘイトスピーチを非難するものだが、当の「ネトウヨ」からは反発の声が上がっている。

反韓デモ隊を「アホアホ」呼ばわり

吉野さんの怒りを買ったツイート
吉野さんの怒りを買ったツイート

   ロックバンド「eastern youth(イースタンユース)」のボーカル&ギター、吉野寿さん(44)が2013年4月16日のブログで、「ちょっとコレみてみ」と、あるユーザーの差別的なツイートを引用した。

「朝鮮猿は生きている限り、永遠に蔑まれ続ける。それが、生きる資格を持たぬ者が生き続けるという事だ。蔑まれたくなければ死ね。苦しみたくなければ死ね。朝鮮猿が絶滅した世界こそが、世界の本来在るべき姿なのだ」

   吉野さんは「おい。日本人の皆さん。これでいいのか?黙って放置しといていいのか?このキッタネエ思考が『俺達の総意』って事でよろしかったでしょうか?」と怒りをあらわに。

   「他の『人間』を理不尽に否定する時、自分自身の『人間』をも有無なく否定する事になるんだぞ。お前はいったい人間以外の何者になるつもりなんだ。基本中の基本の話じゃないか。しっかりしろ!」と読者を鼓舞するような文章を書き、「今週の日曜日に大久保でまたアホアホパレードがあるぞ。アホアホのみなさんはダッセー奴等ばかりだから、ちょっとオシャレして大久保に集合せよ。そして『お前等はダサイ。ダサ過ぎる。』と思う様、馬鹿にしてやろうではないか。そしてその後、マッコリで乾杯だ」と、新大久保で日曜日に開催されている「反韓デモ」を厳しく批判した。

   このブログは主に2ちゃんねらーから「炎上売名でもしたいのか」「マッコリで乾杯(笑)」「朝鮮人ファンを獲得したいのかね?」などと非難を浴びたが、これに対しミュージシャンのニシタニさんが4月20日、「ネット右翼に思想なんかねーだろ、ほんと。むしろ右翼でも保守でもなく単なる鬱憤晴らし。新大久保のデモは最近K-POP好きの女子高生たちからキモいとか言われてひるんでるらしいやん、バカくせぇ」と、吉野さんに乗っかる形で「ネトウヨ」を批判した。

「アジカン後藤さんはブサヨね」攻撃的ツイートも

   その後、ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアンカンフージェネレーション)」のボーカル&ギター、後藤正文さん(36)がニシタニさんのツイートをリツイートした上で、「ネット右翼、可哀相としか思えないんだよなぁ」とツイート。フォロワーから「まぁ言論の自由ですから」との返信が寄せられると、「差別発言までに至ってしまうと、それは言論の自由というところから、はみ出してしまいますよね。自由って、何言っても良いってことじゃないんですよ」と反論した。

   ファンからは後藤さんあてに同意のツイートが寄せられているが、一部「ネット右翼の定義はなんですか?」「ネット上で一部の反韓・嫌韓・極右の差別的発言は多く見られるが、愛国主義者や右派の人間をそれと一括りにするのは、如何なものかと思う」などの疑問、また「人の事をネット右翼って言うんじゃ、アジカン後藤さんはブサヨ(編注:左翼の蔑称)ってことね」「何で貴方のような人は朝鮮人による日本差別日本侮辱については一切ふれないわけ?」など攻撃的なツイートも寄せられている。

   後藤さんは以前からツイッターで自民党を批判したり、嫌中・嫌韓の人を非難したりと、ネトウヨが嫌うような意見を発信してきていた。

   一方の吉野さんは09年3月、「Rooftop」というサイトのインタビューで、音楽を始めた頃は右翼的思想を持った「スキンへッズ」の影響を受け、思想までどっぷり浸かりそうになったが、「知れば知るほど矛盾があるし、より良い世の中のために動いているのに全然より良く感じられなかった」「俺は国家に忠誠なんて誓えないからさ。『戦争に行け!』って言われたって行きたくねぇし、俺のところにまで攻め込んできたら闘うけど、国家のためには闘わない」という考えを明かしていた。多少思想をかじった過去があるからこそ、「ネトウヨ」の差別といえる言動が余計許せないのかもしれない。13年4月21日の新大久保の「反・反韓デモ」には実際参加したようで、その後本当にマッコリで乾杯したともブログで報告している。

   ちなみに、「この世で一番汚い国を良い国だなんて言えねえ」「売春ババア殺せ チョン斬れ!」といった過激な韓国批判の曲「チョン斬る!」のCD・DVDを韓国の元慰安婦女性が共同生活する施設「ナヌムの家」に送り付け、ソウル中央地裁に告訴された「桜乱舞流(スクランブル)」を名乗る日本のインディーズロックバンドもある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中