不振のニューヨーク・タイムズ 復活賭けた「新成長戦略」発表

印刷

   米新聞大手のニューヨーク・タイムズは、2013年4月25日(現地時間)、1~3月期の決算を発表した。有料電子版の好調が広告収入(印刷版およびデジタル)の不振を補うかたちで 、営業益(減価償却などを除く)は前年同期から3.4%上昇し4960万ドルになった。 売上高は2%減の4億6590万ドルだった。

   広告は印刷版、デジタルともにマイナス成長(全体で11.2%の低下)を記録した。エンターテインメント(映画など)業界や金融機関などの不振が広告減につながった(同社デジタル担当副社長デニーズ・ウォレン)。だが、4月に入り「あらゆる分野で復調の兆しが出てきている」(同氏)という。

   ニューヨーク・タイムズ復活の鍵は電子版に課金制度を導入したこと。3月末に満2年を迎えた有料電子版の購読者数は67万6千人になり、1年前から45%も増えたことになる。それでも購読料収入(印刷版および電子版)が6.5%しか増えなかったことを根拠にして、同社の復活に懐疑的な意見は多い。

サービスを限定した低価格の電子版購読導入

   2012年11月にCEO(最高経営責任者)に就任した元BBC会長のマーク・トンプソンは、同日の決算発表会で今後の経営方針の柱になる「新成長戦略」を発表した。デジタル化の推進がその最終目標だが、具体的には以下の4つがその重点になる。

1)電子版の料金体系の確立(サービスを限定した低価格の購読サービスの導入)
2)海外での購読者(今秋から姉妹紙「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」を「インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ』に改名し、「グローバル市民」という世界のエリート層への浸透を計る)
3)動画への進出(ドキュメンタリーなどのビデオフィーチャー)
4)ブランドのマネタイズ(「ニューヨーク・タイムズ」のブランドを活用して商品やサービスの提供)

   同社が実施した市場調査によれば、低価格の有料サービスに関心の高い消費者は多く、「数十万人」の有料会員が発掘できそうだという(トンプソンCEO)。

(石川幸憲 在米ジャーナリスト)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中