米新聞の地盤沈下に一服感 発行部数ほぼ横ばい

印刷

   つい数年前には新旧メディアの攻防が激化し、旧メディアの代表格である新聞の衰退が米国で大きな話題になった。追いつめられた新聞各社は新メディアへの適応に本腰を入れ、その成果がようやく出始め、メディアとしての新聞の地盤沈下に一服感が見えてきた。

   米国での新聞発行部数公査機構であるアライアンス・フォー・オーディティッド・メディア(AAMー前身はABC)が2013年4月30日(現地時間)に発表した部数統計によれば、全米593紙の発行部数は2012年10月から2013年3月までの半年間で0.7パーセント(前年同期比)の微減だった。また、新聞社のデジタル版が全体の発行部数に占める割合はおよそ5ポイント増えて19.3パーセントに上昇した。

   AAMは2010年から調査手法を変更し、タブレット端末・スマホのアプリ、PDF版、課金制のウエブサイトそれにキンドルなどの電子書籍端末専用版などの電子版購読者を発行部数の一部として加えている。

   最大の発行部数を誇るのは経済誌「ウォールストリート・ジャーナル」で印刷・電子版の合計がおよそ237万部(印刷版が148万部、89万部が電子版)だった。電子版の有料会員獲得が好調な一般紙「ニューヨーク・タイムズ」は186万部(73万部+113万部)で二位。三位は全国紙「USAツデー」だった。

   読者の「紙離れ」が潮流の米国だが、上位3紙に限ってみれば、印刷版の減少を必死に食い止めながら各種の電子版の開発に力を注ぎ、新規の読者を囲い込もうとしている姿がAAMの数字から読み取れる。

(在米ジャーナリスト 石川 幸憲)

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中