胸ポケットないシャツが「世界標準」? ウォール街では「プロ失格」説も

印刷

   胸ポケットのないシャツが「世界標準」――こんな記事を朝日新聞が掲載して話題になっている。

   日本のビジネスマンの間では、胸ポケットつきのシャツが一般的で、そこにペンやネームプレートをはさんで使用する姿も多く見られる。デパートなどに並んでいるワイシャツもほとんどが胸ポケットつきだ。

   こうした日本の「常識」を覆すような話に、「本当に世界標準なのか」と驚きまじりの疑問が投げかけられているのだ。

世界レベルの企業なら胸ポケットを「プロではない」と見下す人も

日本のワイシャツで見慣れた「胸ポケット」だが…
日本のワイシャツで見慣れた「胸ポケット」だが…

   イギリスのトーマスピンクやアメリカのラルフローレンといったブランドの現地サイト上でカタログを見ると、日本のワイシャツにあたる「ドレスシャツ」の項目に、胸ポケットつきのものはみあたらない。また、英国紳士の鑑たるジェームズ・ボンドが劇中で着用するトム・フォードのシャツにも胸ポケットはない。

   やはり、胸ポケットがついていないのが「世界標準」なのか――。実はこの問題、アメリカでも意見の分かれるところらしい。インターネット上では2004年ごろから「胸ポケットなしのシャツはビジネスの場でふさわしいか?」「胸ポケットつきのシャツと胸ポケットなしのシャツ、どっちがいいか?」といった質問がファッションサイトの掲示板や、Q&Aサイトに数百件以上、英語で書き込まれていた。

   共通しているのは、胸ポケットなしのほうが「フォーマルに見える」ということだ。確かに日本でも、タキシードの下に着るシャツには胸ポケットがついていないのが常識とされる。また、胸ポケットにごちゃごちゃと物が入らない分、型が崩れずさっぱりとした印象を与えるという説もある。

   一般的かどうかは、職種によるらしい。オーストラリアのシャツメーカー・JOE BUTTONの公式サイトは「ウォールストリートタイプの企業に好まれている胸ポケットのないシャツは、よりフォーマルだと考えられています」と金融系で通用しており、よりスマートに見えるとした。

   インターネット上でシャツの注文が出来る米サイト「SHIRTSMYWAY」でも、ビジネスの場で胸ポケットがどう受け止められるかについてこう説明する。

「胸ポケットを選ぶべきかそうでないかは、あなたがどんな職業についていて、どんな服装が職場でふさわしいとされているかに大きく依存します。スーツやネクタイの着用が求められる世界レベルの企業なら、胸ポケットを『プロではない』と見下す人が多くいます」

ここ十数年で胸ポケットなしのシャツが流行?

   ただ、ビジネスシーンでの「胸ポケットがついていない」シャツは昔から一般的だったわけではなく、最近の流行だとする説もある。アメリカのファッション誌・GQの編集者が執筆するブログでは、13年1月に「最近ますます胸ポケットのついていないドレスシャツが見られるようになった。ブルックス・ブラザーズが数十年前に胸ポケットをつけるのをやめ、(…)Charvet、Turnbull&Asser、Luciano Barberaのようなもっと高級なヨーロッパのシャツメイカーもあてはまる」と書かれていた。過去10数年で、胸ポケット付きのシャツの売り上げが65%下がったという話も、前出のSHIRTSMYAWAYは紹介している。

   しかし、シャツの胸ポケットにスマホやらペンやらを挿しているビジネスマンを見慣れた日本人として気になるのは、胸ポケットなしで不便しないのかということだ。東武百貨店紳士服売り場の担当者は、その国の文化や合わせるスーツによってもシャツの選択は異なると前置きし、

「欧米のビジネスシーンでは、スーツのジャケットを脱ぐことはほとんどないので、シャツはいわば『下着』のようなもの。下着にポケットがついている必要はないですよね」

となくてもかまわない理由を説明していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中