中坊公平さん死去 日弁連元会長「平成の鬼平」

印刷

   市民派弁護士として活躍し「平成の鬼平」の異名をとった中坊公平氏が、2013年5月3日、心不全のため京都市内の病院で亡くなった。83歳。

   森永ヒ素ミルク中毒事件、豊田商事事件、また香川県・豊島の産業廃棄物問題などで被害者や住民の救済に尽力し、そのらつ腕ぶりで知られた。1990年からの2年間、日本弁護士連合会(日弁連)会長を務め、96年には住宅金融債権管理機構の社長に就任し、破綻した旧住宅金融専門会社の債権回収に当たったが、不適切な取り立てがあったとして弁護士を廃業することとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中