野党の「参院川口委員長解任」に批判 主要メディアや評論家「首をかしげざるを得ない」

印刷

   参院環境委員会の川口順子委員長(自民)が解任された。中国を訪問中、国会の許可を得ずに滞在を1日延長したのは「国会軽視」として、野党が参院本会議で解任決議案を提出、賛成多数で可決されたのだ。

   だが、野党の国会戦術には批判もある。主要メディアや評論家のなかには、日中関係が冷え込むなか、川口氏が中国要人との面会を優先させたのは国益を考えての行動だったと理解を示すところも少なくない。

維新・橋下共同代表「外交は政府の責任。議員外交とは違う」

「国会軽視」か「国益優先」か
「国会軽視」か「国益優先」か

   川口氏の環境委員長解任は、常任委員長として初めて。2013年5月9日の参院本会議で、民主党やみんなの党など野党全党が解任決議案に賛成した。

   問題となったのは、川口氏が4月23、24日の日程で中国を訪問したところ、25日に楊潔チ国務委員との面会が実現することになったため、急きょ滞在を1日延長、予定されていた環境委員会が開けなくなった。自民は川口氏の滞在延長を求めたが、野党側が拒否。国会が認めないまま延長強行となった。

   5月8日放送のBS朝日の番組で、川口氏は楊氏と、尖閣諸島を巡る両国の主張をぶつけ合ったと説明した。当初予定の2時間を3時間に延ばして、徹底的に議論したという。外相経験者の川口氏は、「(その場に)日本人は自分しかいなかった…私がいなければ日本の国益を守ることができなかったと自負している」と、滞在を延長して挙げた成果を強調した。

   これに対して野党側は「前代未聞の国会軽視」「私的な外遊を優先して、自ら設定した環境委員会を流会にしたことを許してよいのか」と非難。日本維新の会の共同代表で、大阪市の橋下徹市長は8日、報道陣に対して「川口さんは政府の一任を取り付けているんですか。外交は政府の責任。議員外交と内閣の責任ある外交とは全く違う。区別しなければならない」と厳しく指摘した。

   だが各種報道を見ると、今回の解任が広く支持を得ているとはいえなさそうだ。朝日、読売、産経の3紙は5月9日付の朝刊社説でこの件を取り上げたが、いずれも野党の動きを疑問視している。読売は、日中間の直接対話がほぼ途絶えている現状で、川口氏と楊氏の会談は「一定の意義があっただろう」と評価。野党について「重要法案に関する不手際でもないのに解任とは行き過ぎだろう」とした。朝日も「解任するほどのことだったのか。首をかしげざるを得ない」と読売と歩調を合わせる。閣僚級の対話チャンネルが事実上途切れているなかで、「尖閣や靖国問題で日本側の立場を伝えるのは国益上必要だという川口氏の言い分にも、聞くべき点はある」と理解をみせている。

野党は川口氏の滞在延長をなぜ許可しなかったのか

   川口氏が面会した楊氏は、日本の尖閣国有化により中国で反日が激化した2012年当時に外相を務めていた。現在は外交担当の国務委員で、言わば副首相級の大物だ。5月9日放送の「やじうまテレビ」(テレビ朝日系)に出演した前高知県知事の橋本大二郎氏は、楊氏との話し合いについて「十分意味があった」と述べた。現状では中国の要人は、日本からの訪問者と1対1では会わない。今回も複数人を交えてだったようだが、川口氏が楊氏と議論できたのは、情報収集のうえで貴重な機会だったというのだ。

   さらに橋本氏は、野党が川口氏の滞在延長を「認めてもよかったと思う」と話す。「国民にとって、今何が重要かを考える必要がある」との指摘だ。

   朝日新聞論説委員の恵村順一郎氏は、5月8日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、川口氏が環境委員会を中止したのはよくないとした。国会開会中は常任委員長の海外出張を自粛するという申し合わせがあり、さらに1日延長で自ら委員長を務める委員会が取りやめとなったのは事実だからだ。

   一方で、「議員外交の機会をみすみす逃すのはもったいない」とも話した。1回だけの会談で日中関係が好転するわけではないだろうが、対話のパイプをつないでおく点で意義があるという。野党側の対応については「議員外交のルールを整備するといった前向きな方向に、どうして進めないのか」と苦言を呈した。

   ウォールストリートジャーナル電子版(日本語)では5月8日、川口氏解任の賛否を読者に投げかけた。9日夕方の時点で270件ほどのコメントが寄せられ、「解任反対」が多数派を占めた。「国益を第一に考えるべき」という意見が強く、野党側に対して川口氏の滞在延長申請をなぜ許可しなかったか理由を問う声も少なくない。ただ、委員会中止となった事実を踏まえて「解任規定に当てはまるなら処分やむなし」との主張も出た。また、楊氏との会談の内容を明らかにしてほしいとの要望も上がっていた。

川口順子氏の参院環境委員長解任をどう思う?
国益が大事なのに、野党の党利党略での解任は反対
委員会中止の責任は重く、解任はやむを得ない。賛成
どっちもどっちなので、賛否は何とも言えない
国会開会中の海外渡航ルールを改めるべき
よく分からない
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中