嫌韓ヘイトスピーチ「憂慮に堪えない」 谷垣法相が国会答弁

印刷

   在日特権を許さない市民の会が嫌韓デモでヘイトスピーチを繰り返していることについて、谷垣禎一法相は、2013年5月9日の参院法務委員会で、「憂慮に堪えない」と遺憾の意を表明した。

   民主党の有田芳生氏の質問に答えた。しかし、谷垣氏は、「表現の自由との関係で、誠に悩ましい」と述べ、具体的な対応策は明かさなかった。 警察庁でも、「主張が乱暴だけでは不許可にできない。違法行為があれば対処する」と述べるに留まった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中