円、一時102円台に迫る NY外為市場

印刷

   2013年5月10日のニューヨーク外国為替市場は、前日からの円売り・ドル買いが一段と加速した。円相場は一時、1ドル=101円98銭と、08年10月以来、約4年7か月ぶりとなる円安ドル高水準となり、102円台に迫った。

   ニューヨーク市場では、5月9日発表の米雇用関連指標が良好な結果だったため、米国の景気回復が加速するとの見方が広がり、円売り・ドル買いの流れが強まっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中