蒼井そらAV女優から書家に転身!? 作品に中国で1000万円の値付く

印刷

   AV女優の蒼井そらさん(29)直筆の書道作品が、中国で60万元(約984万円)で落札されていたことがわかった。

   驚きの金額だが、中国で爆発的な人気を誇る蒼井さん、書道の腕前も現地で評判を呼んでいるらしい。

小学生時代に書道を習っていた

   国営の新華社通信の報道などによると、競売が行われたのは2013年4月、浙江省寧波市でのことだ。蒼井さんの作品のためだけに開催されたといい、10万元(約164万円)からスタートして最後には20代の富豪の息子が落札したという。

   作品は4月に蒼井さんが地元のテーマパーク「鳳凰山」を訪れた際に寄せたもので、「好玩的鳳凰山楽園(面白い鳳凰山楽園)」と書かれてある。ただの宣伝で書かれた作品に1000万円も払うという行為に、中国では「愚かだ」という批判も上がっているようだ。

   蒼井さんは小学生時代に書道を習っており、中国のミニブログ「微博(ウェイボー)」で自筆の中国書道の画像を掲載し評判を呼んだ。それ以来、中国映画の題字担当、イベントでの披露など書道の腕前を見せる機会が増えている。

   13年3月にはサプリメントの広告塔として、四川省成都市で開かれた食品の大型見本市で「酵素生活」と書いた書道を披露した。地元メディアは蒼井さんの広告費が1000万元(約1億6400万円)を超えると報じており、中国国務院直属のニュースサイト「中国網(チャイナネット)」は「4文字の書道を披露し、1000万元以上の広告費を楽に稼いだ。多くの中国の有名女優は彼女の足元にも及ばない状況だ」と皮肉っぽく書いている。

(13年5月24日追記:蒼井さんは報道を受けて、5月24日にツイッターで「オークション自体行われていない」と否定している。)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中