薄型テレビ、韓国勢「有機EL」で苦戦 日本勢「4K」で対抗

印刷

   薄型テレビの世界シェアで半分近くのシェアをもつサムスン電子 とLG電子が次世代モデルとして力を入れている「有機ELテレビ」が、なかなか軌道に乗らない。

   両社は2012年中に大型の有機ELテレビを発売する予定だったが、今のところLG電子が13年1月に韓国内で1100万ウォン(約100万円)の55型を投入しただけ。製造コストが思うように下がらないためとみられる。

有機ELテレビ市場、2014年に170万台を出荷

6月に、「4Kテレビ」が続々登場する(写真は、シャープの「AQUOS UD1」シリーズ)
6月に、「4Kテレビ」が続々登場する(写真は、シャープの「AQUOS UD1」シリーズ)

   ディスプレイ市場を調査するNPDディスプレイサーチは、有機ELテレビ市場は2014年の出荷台数で約170万台になる、とみている。

   この市場で先行するのはサムスン電子 とLG電子の韓国勢。ディスプレイサーチでは、これに日本や台湾、中国のメーカーがパネル製造に乗り出し、14年には生産を開始。16年には900万台で、薄型テレビ市場の3%を占めると予測する。

   有機ELテレビの最大のよさは「薄さ」と「省電力」。有機素材が自ら発光するので、液晶テレビと違ってパネルの背面に光源がいらない。その分薄く、かつ消費電力を抑えられる。もちろん、映像も色鮮やかという。

   そんな有機ELテレビの製造・販売に韓国勢が苦戦している理由は、まず価格が高いこと。製造コストが下がらず、採算を確保できないことにある。

   ディスプレイサーチの鳥居寿一アナリストは、「韓国勢は、いわば社命として有機ELテレビの開発に取り組んできましたが、有機ELは大型化や量産がむずかしい。そのため、時間がかかってしまっています」と話している。

   対抗する日本勢が推しているのが、「4Kテレビ」だ。表示パネルの画素数がフルハイビジョンの4倍ある高画質化、高精細化を追求していて、有機ELテレビと比べると製造コストが安く、大型化しやすいのが特徴だ。

   日本勢にとって、「昨年9月に欧州で行われたIFA2012(エレクトロニクス機器展示会)以降、世界の関心が4Kテレビに移った」(鳥居氏)ことは追い風。開発コストがかかる有機ELテレビは、経営状況が悪いこともあって「後回し」にせざるを得なかった事情もある。

   ディスプレイサーチによると、2012年に6万3000台だった4Kテレビの世界出荷台数は、13年は260万台に急拡大すると予測。16年には700万台を上回るという。

   また、世界の液晶テレビ(50型以上)の出荷台数に占める4Kテレビの割合は、12年の0.1%から13年には5%、16年には31%にまで拡大すると試算する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中