株価急落で「アベノミクスの危うさ露呈」 朝日、毎日、民主は騒ぎ立てるが… 

印刷

   「アベノミクスは、その危うさを露呈してしまった」。株価の急落を受けて、こう指摘する動きが、一部で出てきている。

   株価が下落すると、「アベノミクス失敗」「バブル崩壊」などと喜ぶ人たちがいる――。

   経済時論を手がける上武大の田中秀臣教授は2013年5月23日、こんな内容のブログを書いてアップした。

「アベノミクスの本質は、お金をばらまくこと」

株価急落とは関係ない?
株価急落とは関係ない?

   田中教授によると、その人たちとは、マスコミや野党、国債の取引をする業者、アベノミクスに反感を抱いている人々を指す。ブログでは、具体的な名前こそ挙げられていないが、そう推測できる人たちはいるようだ。

   マスコミでは、朝日新聞はその1つかもしれない。

   東証暴落と24日付朝刊1面トップで伝えるとともに、「アベノミクス危うさ露呈」という編集委員の解説記事も載せている。記事では、これまでの株価上昇は、日銀の人為的操作によるものだとしたうえで、永遠にお金をばらまけない以上は、危うさをはらんでいると指摘した。

   つまり、アベノミクスの本質は、お金をばらまくことで、人々に景気よく思わせる心理学だと指摘した。その心理が崩れるともろく、日本経済は以前より酷くなりかねないという。そして、この機会に、アベノミクスの金融緩和偏重を修正すべきだと説いている。

   毎日新聞も、同様な論調の社説をこの日載せている。「かけ声主導、期待頼みの足早な上げ相場には、やはり無理があった」として、金融緩和頼みを修正し、痛みの伴う構造改革などに本腰を入れるべきとした。

   野党では、民主党の海江田万里代表が23日、「株高と円安に過度に依存したアベノミクスの危うさが表れている」などと記者団に語った。また、アベノミクスを批判してきた一部の識者も主張を強めている。

アベノミクスとはそれほど関係がない?

   とはいえ、株価急落は、アベノミクスとはそれほど関係がないという趣旨の意見も多く見られる。

   前出の田中秀臣教授は、株価の上昇が急ピッチだったため下げの反動も出たという意見に同意し、「大幅ではあるが、『調整』局面と考えるのが妥当だろう」とブログで指摘した。金融政策のスタンスはしっかりしており、「とりたてて大騒ぎする必要はない」とも述べた。

   エコノミストの飯田泰之明治大准教授は、2013年5月24日放送のテレ朝系「モーニングバード!」の出演で、株価下落前の状況について、「この1週間ほど特に目立った好材料がないにもかかわらず、一本調子で上げてきた」と指摘した。そして、「調整はどこかで必要」として、ガス抜きで下がること自体はいいことだとした。経済への影響については、「日本の国債と日本の株という間での資金移動が多いので、これによって一気に何か悪くなる状況ではない」と言っている。

   また、報道をみると、経済界からは、アベノミクスの金融緩和は、経済を上昇軌道に乗せることを目的としており、タイミングを見て、第3の矢である成長戦略を始めればいいといった指摘も出ていた。

   もっとも、今後の政策次第では、実体経済が伴わないままアベノミクスが失速する恐れもあるとする意見はあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中