合コン中に男をトイレに…… 過激性描写のフジドラマがうける理由

印刷

   合コン中に男をトイレに連れ込んだり、半裸で濃厚なベッドシーンに挑んだり…。フジテレビ系のドラマ「ラスト・シンデレラ」が過激な性描写で話題になっている。これで、視聴率低迷から抜け出せるのかどうか――。

「ねえ、桜~、試しにやってみたら?」

   ヒロインの桜を演じる女優の篠原涼子さん(39)が、温泉に浸かっていると、いきなりこんな言葉が飛んだ。

飯島直子さんらがセックス発言を連発

   声をかけたのは、友人役の飯島直子さん(45)だ。巻いたタオルから、色っぽく胸の谷間が見える。

   「やるって何を?」と涼子さんが聞く。すると、直子さんはいきなり、「セックス~」とあけっぴろげに答えた…。

   このシーンは、ラスト・シンデレラの番組公式動画の冒頭部分だ。公式動画は、「お色気編」とサブタイトルが付き、次々に過激シーンが紹介されている。

「セックスって、実はやる前が一番エッチなんだよね」
「このじれったさがたまらないっていうか、長ーい前戯しているみたいで」

直子さんは、臆面なく、こんなセリフをつぶやいていく。

   毎週木曜日の午後10時から放送中のラスト・シンデレラは、2013年4月11日に番組がスタートしてから、過激なシーンが要所要所に出てくる。視聴率は、初回が関東地区で13.3%だったが、少しずつアップしていった。7回目の5月23日には、15.7%となり、7週連続で視聴率が上がった。これは、民放の連ドラでは史上初というから、テレビ不況の中では異例のことだ。

   それを受けてか、番組の公式動画は、なんと100万回以上も再生されている。

   人気を支えているのは、実は、涼子さんが恋にのめり込む15歳年下男を演じる三浦春馬さん(23)らしい。ドラマでは、春馬さんがパンツ1つの半裸でベッドシーンに挑む姿が頻繁に出てくる。

「エロばかりに頼りすぎると失敗」

   「肉食系な三浦春馬にキュン?」「春馬の台詞を使って妄想ww」…

   ツイッターでは、男性よりもむしろ、女性らしき書き込みの方が多いのだ。

   2013年5月30日の8回目は、15分の拡大版が放送されたが、視聴率は初めて下がって、14.8%になった。しかし、ラストでは、最終回の次回に放送予定の三浦春馬さんのベッドシーンも一部見せて、「来週はエッチで切ないラスト・シンデレラ」と紹介している。

   オリコンの5月23日付記事によると、番組のプロデューサーは、過激シーンに最初は賛否両論があったとしながらも、ある程度は予測していたとして、「エッチ度は加速していきます。ひるまないでやっていきたい」と明かした。

   フジテレビは、韓流ドラマ偏重批判があった後、視聴率の低迷が続いていた。これに対し、6月に新社長に就任する亀山千広常務が「1にも2にも視聴率回復」と5月末の会見で述べ、ラスト・シンデレラについては、「エロはフジを救う」との週刊誌報道も出た。

   ドラマ研究者で中央大教授の宇佐美毅さんは、人気の理由についてこうみる。

「春馬さんのエロさが女性のつぼにはまったということは、確かにあると思います。今まで好青年の役が多かったので、大人のセックスアピールもあったでしょう。韓流ドラマに男性の裸シーンが多かったので、それに親しんでいた女性ファンにもすんなり受け入れられたのではないですか」

   このほか、ヒロインが違うタイプの男性に挟まれるなど、恋愛ドラマの定番パターンが受けたこともあるという。

   過激な性描写で波紋を呼んだドラマ「幸せの時間」も高視聴率を記録したため、フジも味をしめたのではとの見方もネットで出ている。とはいえ、こうした路線で果たしてうまくいくのかについて、宇佐美さんはこう言う。

   「フジ本来の明るさ、軽さ、楽しさ路線の持ち味に戻ったということはあるかもしれません。しかし、エロばかりに頼りすぎるとやはり失敗する危険も当然出てくるでしょうね」

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中