政治評論家の岩見隆夫さん、末期がん告白 仕事はすべて休止

印刷

   毎日新聞の岩見隆夫特別顧問(77)は2013年6月4日発売の「サンデー毎日」(6月16日号)のコラム「サンデー時評」で末期の肝臓がんだと明らかにした。

   5月23日の検査でがんが見つかり、24日に緊急手術を行ったという。

サンデー時評と近聞遠見は継続予定

   コラムによると1か月ほど体調不良が続いたため検査に行くと、医師から肝臓がんだと宣告されたという。そのまま入院となり、緊急手術が行われた。

   長年のアルコール摂取が原因で、1~4まであるステージのうち、岩見さんはステージ3と診断された。

   コラムでは医師からがんを宣告された際に、「私は声をあげて笑ってしまった」と明かす。「なにしろ約六十年間、ほとんど一日のすき間もなくアルコールを注ぎ込んできた人生の帰結、というあきらめみたいなものはどこかで働いていたのだろう」と振り返っている。

   岩見さんは1958年に毎日新聞に入社。政治部記者として活躍し、論説委員やサンデー毎日の編集長などを歴任し、2007年に退社した。2012年10月からは特別顧問に就任した。

   テレビ番組でのコメンテーターとしても知られ、「時事放談」(TBS系)では司会を務めた。

   「昭和の妖怪 岸信介」(朝日ソノラマ)、「政治家」(毎日新聞社)、「陛下のご質問―昭和天皇と戦後政治」(文藝春秋)など著書も多数ある。

   すべての仕事を休止したが、サンデー毎日のサンデー時評と1989年から毎日新聞で続くコラム「近聞遠見」は継続する意向だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中