モナ・リザの照明が東芝製LED照明に

印刷

   仏ルーヴル美術館に展示されている名画「モナ・リザ」などの照明として、東芝製のLED照明が採用され、2013年6月4日(現地時間)に点灯セレモニーが開催された。

   東芝では2010年からルーヴル美術館とパートナーシップ契約を締結、館内照明のLED化を進めてきた。今回の新照明では、濃淡の再現や自然光に近づける工夫のほか、紫外線・青色光を最小限に抑え、絵画の劣化を防ぐことにも努めている。モナ・リザのほか、「公邸ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠」などが展示される「赤の間」にも同時に東芝製照明が設置された。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中