ブサカワイイ人気犬「わさお」に異変 毛が抜け、「ガリガリ」に全国から心配の声

印刷

   たっぷりふさふさした白い毛と、人間味のある表情で「ブサカワイイ」と人気を集めてきた青森・鰺ヶ沢町在住の秋田犬「わさお」に全国から心配の声が寄せられている。 ここのところ、トレードマークともいえる毛の量がかなり減ってしまって、ネットで「老けた」と言われているのだ。

「『わさお』の毛がなくなって『がりお』になってた( ; ゜Д゜)!」
「わさお老けて毛のふわふわ感がなくなってた;_;」

「老けた」「痩せた」という報告がネットで

わさおの1年前(上段)と現在(下段)(提供:わさおプロジェクト)
わさおの1年前(上段)と現在(下段)(提供:わさおプロジェクト)

   わさおは6歳のオスの秋田犬だ。青森県西津軽郡鰺ヶ沢町でイカ焼き屋を営む女性のもとで、番犬として飼われていた。

   2008年に旅ブログに取り上げられ、秋田犬にしては珍しいたっぷりふさふさの白い毛と、それに埋もれたなんとも人間臭い表情が「ブサカワイイ」と大ブレイク。ワイドショーなどに相次いで取り上げられ、11年には主演映画も作られた。現在でもイカ焼き屋で飼われていて、誰でも会いにいける。

   ただ、2013年5月末頃から「わさお1年でだいぶ老けたな.........」などと、「老けた」「痩せた」という報告がネットで目立つようになり、心配の声が上がっていた。

   公式ブログ「わさお通信」を運営する「わさおプロジェクト」代表によると、毛が減ったため、痩せたり老けたりしたように見えるだけだという。

   春から夏にかけては、ちょうど冬毛から夏毛に生え変わる時期で、毛が抜けるのは当然といえる。しかし、今年は夏毛が生えてくる力が弱く、抜けたところがそのままになってしまっているそうだ。

   毛の抜ける時期は身体の部位によって異なり、最近になって顔の毛が抜け始めたため、大きな変化に見えたようだ。

「眼の周りの毛がなくなったので、老けたように見えるんじゃないかと」

   ただ、まったく生えてこなくなったわけではなく、4月に毛が抜けていることが確認されたお腹のあたりは、現在では回復しているそうだ。

   獣医の診断ではわさおに病気などはなく、なぜ夏毛が生えにくくなったのかについて正確なところは、よくわかっていない。

「身体的というよりは精神的なショックが…」

   ただ、代表は考えられる要因をこう話す。

「1月から2月にかあさん(編注:飼い主の女性)が入院して、今まで(わさおは)かあさんと離れたことがないので、身体的というよりは精神的なショックがあったのかと…」

   わさおはもともと捨て犬で、「かあさん」に拾われた。その経験があるので、2か月間、ブリーダーの元に預けられ、離れ離れになったことで「また捨てられた」と思ったのではないかという。

「寂しがって、遠吠えみたいなこともしていたみたいです」

   実際、「かあさん」と再会した後もわさおの表情は硬く、しばらくはよそよそしい状態が続いた。

   ただ、4月ごろには表情が戻っており、食欲や体重も元のままで、現在はまったく元気だそうだ。

「毛が生えさえすれば、元通りのわさおになるんじゃないかな」

   なお、毛がなくなって悪いことばかりではないという。

「わさおは暑さに弱くて、去年ぐらいだと4月からずっと(体温調節のために)口あけてたんですが、今年は今になっても口を閉じているときがあるんです。自発的サマーカットというか、本人的には涼しいといえば涼しいんじゃないかと」

   また、わさおのストレスにならないよう、訪問を自粛したほうがいいのではという見方もネットの一部にはあるが、「わさおは1歳のときにブレークしていますから、(人が集まる)これがわさおにとっては日常です。お気になさらず」。

   そして、心配する人たちに対してこう呼びかけた。

「温かく見守って欲しいですね。かあさんとの絆がすごいから、一心同体で、悪くなったり良くなったり。これからは良くなっていくんじゃないかな」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中