米トニー賞、日本人参加の「キンキーブーツ」が6部門制覇

印刷

   米演劇界で最高の栄誉とされる「第67回トニー賞」の発表と授賞式が2013年6月9日夜(日本時間10日午前)、ニューヨークで行われ、ミュージカル部門では川名康浩さんがプロデューサーとして関わった「キンキーブーツ」が最優秀作品賞やオリジナル楽曲賞など6部門を制した。川名さんが関わった作品がトニー賞候補になるのは3年連続だが、受賞は初めて。日本人としても初の受賞となった。

   川名さんは1984年、俳優を志して劇団四季演劇研究所に入った。93年に渡米、ニューヨーク大で映画を専攻しプロデューサーの道へ。98年にニューヨークで川名エンターテインメント社を設立した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中