5月の日本株取引、海外投資家の売買活発で過去最高に

印刷

   海外投資家による2013年5月の日本株の取引は、買い入れ、売却ともに比較可能な2005年以降で過去最高となった。

   財務省が6月10日に発表した5月の対外及び対内証券売買契約などの状況(指定報告機関ベース)によると、買い入れ額は46兆9988億円、売却額は45兆7541億円で、ともに13年4月(買い入れ41兆9955億円、売却38兆9149億円)を上回り、2か月連続で過去最高を更新した。買い入れから売却を差し引いた投資額は、8か月連続で買い越しとなった。

   5月下旬の株価急落以降、相場が乱高下する中で投資家が活発な売買を続け、取引量が大きく膨らんだ。

   海外投資家は12年10月以降、日本株の買い越しに転じ、13年5月までの日本株の買越額の累計は10兆円を超えた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中