ホリエモン「声優ってそんなにスキルいるの?」 「ものすごいいるよ」「やってみればいい」声優から続々反論

印刷

   「声優って実際そんなにスキルいるんかえ?って身も蓋もない話もあるし」--ホリエモンこと堀江貴文さん(40)の「余計な一言」がネットの注目を集めている。

   養成所に通わないと仕事をもらえない、声優業界の「現状」を批判した中で出てきたものだが、声優という職業を軽んじているようだと、声優当人から反論が出て、業界人からも皮肉られることになってしまった。

「一回ホリエモンに声優やらせて思い知らせればいい」

「(スキルは)ものすごいいる。匠の世界だよ。(…)一言発するだけでそれが芸術になるような、人間国宝みたいな人がたくさんいるって私はそばで見てきて思うよ。やってみたらいいんだよ!!!」

   「彼氏彼女の事情」「機動天使エンジェリックレイヤー」などで主役を務めた榎本温子さんはこうツイッターにぶちまける。

   榎本さんのツイートに応じるかたちで、「新世紀エヴァンゲリオン」で主役・碇シンジ役を務めた緒方恵美さんも、声優における「スキル」の重要性をこう強調した。

「本当に難しいのは、(…)キャラクターに『呼吸をさせること』。本当の意味で『いのちを注げる声優』は、プロと言われる人の中でも、限られている。そこへの道は、本当に、…遠い。それがホンモノの『匠』であり、そこへの必要スキルは、無限大?!(…)口パク合わせだけなら素人でも上手くなれる。モノマネもね(…)。でも『誰かマネ』をやってるうちは、何者にもなれない。オリジナルには一生勝てるワケはないのだから。大事なのは自分だけの『人間スキル』だよ」

   マンガ家の平野耕太さんはツイッターで、自身の作品「ヘルシング」の一場面になぞらえてこう皮肉った(ツイートは現在削除済み)。

「一回ホリエモンに声優やらせて思い知らせればいいんじゃないかな。そうだな、デブが6分間戦争大好きって演説続けるとかな」

   同作品のアニメ版では、「少佐」と呼ばれる小太りの独裁者が「諸君、私は戦争が好きだ」から始まる大演説を約6分12秒間にわたってぶつシーンがある。飛田展男さんによる緩急の付いた狂気の表現には、「声優の本気」「息継ぎが大変そう」「声優さんってやっぱりすごい」といったコメントが、ニコニコ動画に多数ついている。とうてい、素人に出来るものではないというわけだ。

ホリエモン「スキルのあるプロを馬鹿にしてる訳じゃない」

   ただ、ホリエモンはツイッターで「スキルのあるプロを馬鹿にしてる訳じゃない」とも言っている。そもそも、冒頭の発言は「声優養成所」批判の中で飛び出したものだった。

   声優志望者の間では、養成所やスクールに月謝を払わないと、オーディションに臨むことすらできないとされている。こうした構造を破壊し、自己流でスキルを磨くか、光るものをもっていれば、声優になれる仕組みづくりを訴えたかったようだ。

   実際、「オタキング」こと岡田斗志夫さんとの共同企画「みんなでアニメ作ろう!」では、声優オーディションへの参加権を約1万円で売るという。

「岡田斗司夫さんによれば主役級は素人でも大丈夫、脇を実力派が固めれば。なので有料オーディションはアリ。こういう試みが拡がれば声優スクールに搾取されるモデルも改善されるでしょって話」

   こうしたホリエモンの問題意識については、先の声優をはじめとする業界人からも「おおむね正論」と受け止められているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中