「進撃の巨人」OPが渋谷モニタージャック ファン殺到、一部「上映中止」も

印刷

   「進撃の巨人」アニメ主題歌の「フルサイズ版」が渋谷で初公開されるとネットで噂され、2013年6月19日夜、ハチ公口周辺にファンが殺到した。

   しかし大混雑のせいか、一部モニターでは「中止」と表示がされただけで終わってしまった。

「【悲報】渋谷センター街で上映される予定だった『進撃の巨人』のOPテーマ「紅蓮の弓矢」のフルver.配信が諸事情により配信中止になり、怒号と悲鳴で渋谷がウォール・マリア状態となる事案が発生」

「解禁情報」ネットを中心に出回る

19日夜、ファンが詰め掛けたが…「上映中止」に
19日夜、ファンが詰め掛けたが…「上映中止」に

   こんなツイートが6月19日22時前に投稿されると、5000回以上リツイートされた。

   「Linked Horizon」による「進撃の巨人」第一期OP「紅蓮の弓矢」は、世界観に合う歌詞とアップテンポな曲調が人気で、一部をループ再生させる動画がつくられるなど、ネット上で大ブームを巻き起こした。

   CDは7月10日発売と4月開始のアニメの主題歌としてはかなり遅い上、宣伝の「秘密主義」でも知られる。「フルサイズ版」は存在こそ知られているが非公開で、TV版向けのショートバージョンもカラオケに配信するが歌詞はついていないという徹底ぶり。そのため、焦らされたファンの間で期待が高まりに高まっていた。

   そこにきて、ついに「フルサイズ版」のミュージックビデオ(MV)が19日21時50分、JR渋谷駅ハチ公口方面の街頭モニター11台で上映されるらしい――との情報がネットを駆け巡った。

   この時間の前後、ハチ公口は「フルサイズ版」を一目見ようと詰め掛けたファンが、ただでさえ多い渋谷の人通りと合流して大混雑、「パニック寸前」だったようだ。

   ところが定刻になると、ハチ公口周辺から見ることができる巨大モニター2つには「本日予定していた特別映像は諸事情により中止となりました」とだけ表示が。「我々は…何の成果も…得られませんでしたぁ!」「読みが甘かったか!!!!!!!やはり一筋縄では行かない!!!!!!!!!!!!!」とファンの間に落胆が広がった。

警察「歩道入ってください」「端寄ってください」

   なお、「中止」の文字が流れたモニターは3台で、ハチ公口からやや離れた所などにある8台ではMVのフルサイズが上映されていた。

   なぜ3台が中止されてしまったのか、公式からの発表はなく不明だ。ネットでは「そもそも11台というのがフェイクだった」など諸説出ている。ただ、大方の見方は、予想以上に人が集まりすぎたのではというものだ。実際、映像の流れた場所にも渋谷警察が出動し「歩道入ってください」「端寄ってください」などと促していた。

   なお、「渋谷の11台のモニターで放送される」という情報も、正式に発表されていたものではない。ファンが公式ツイッター「Linked Horizon情報局」による以下の「暗号」ツイートを解読してわかったことだ。

「【20131702150】いいか、鍵を忘れるな!35659176139700656」
「【2013.170.2150】鎖地平団の力を思い知れ!その日その時刻に11体一匹残らず駆逐してやる!!」

   解読によると、2013.170.2150は「2013年6月19日21時50分」。6月19日は、2013年がはじまって170日目となる。15桁の数字は位置情報で、北緯35度65分91.76秒東経139度70分06.56秒、渋谷ハチ公口周辺。

   「11」は19日にドイツ語で書き込まれた「今日の21時50分、東京の某所にて、MVをフルサイズで初めて上映する」とあわせて、大型モニターの数だと見られていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中