自民党「あべぴょん」ゲーム、早くも大人気 ツイッターで「幹事長になった」など報告が続々

印刷

   安倍晋三首相をモチーフにしたスマートフォン用ゲーム「あべぴょん」、面白く「神ゲーだ!」などとネットで持てはやされている。

   安倍首相のキャラクターをぴょんぴょんジャンプさせ上空を目指すシンプルなゲームだが、高得点を獲得すれば政治家としてのランクが上がっていくため、ツイッターでは「国対委員長級に昇進した!」などと獲得した数字の自慢も始まっている。

「日本を、取り戻す。」首相キャラが遥か上空を目指す

自民党「あべぴょん」ゲーム
自民党「あべぴょん」ゲーム

   「あべぴょん」は2013年7月の参院選でインターネット選挙運動が解禁されることに合わせた自民党のネット戦略の一環で、「党公式アプリ」として出した計7つのアプリのうちの一つ。ゲームを起動させると安倍総理の二頭身キャラが登場し、スタートボタンを押すと上空に飛び上がる。さらに上空を目指すためにはスマホを左右に振ってキャラを板や雲、コンクリートのような足場に降ろし、そこから上にある足場を目指さなければならない。

   スプリングに降りると一気に上空に行くことができる。足場を踏み外せば、キャラが「うわあぁぁぁ・・・」と情けない声を発して落下してゲームオーバーとなる。また、成績が表示されるときに「日本を、取り戻す。」というロゴが登場する。

   上空に行けば行くほど点数が上がるとともに「新人議員級」「国会対策委員長級」「幹事長級」とランクが上がるだけでなく、安倍首相キャラの新しいコスチュームをゲットできたり、自民党に関するデーターや知識が書かれた「コレクション」のページを読んだりすることができる。

「うわあぁぁぁ・・・」の声の主は首相ではない

   このゲームが登場したのは13年6月20日頃で、正式に13年6月26日に配信されると一気に人気に火がついた。とにかくシンプルでわかりやすく面白いかららしい。ツイッターではこのゲームに関する情報交換が盛んに行われていて、

「やっぱりネタアプリだけど評判は上々」「自民党が本気出した安倍首相アプリ」「あべぴょん面白いからやるべき」

などとプレイを勧めるつぶやきだけでなく、盛り上がっているのは自身が出したスコアの報告だ。

「チャレンジ5回目?くらいだったかな。青年局長級まで行きました」 「あべぴょん112m達成! 新人議員級!」 「あべぴょん636m達成!!大臣級!」

などといったものが大量に出ている。

   自民党広報に話を聞いてみるとやはり手ごたえは上々で、まだ数字は出していないものの7つ出したアプリのうちで一番人気が出ているという。このゲームの狙いは自民党に対する親しみを持ってもらうことと、政治に関心のない方々にもこのゲームを通じて興味を持ってもらう手がかりにしたい、ということだという。

   ちなみに、このゲームは千数百メートル上昇すれば最終ランクの「総理大臣級」をゲットできるがこれで終わりではなく、さらにキャラは上昇することができてエンドレスで記録が競える仕様になっている。また、キャラが落下するときに「うわあぁぁぁ・・・」と情けない声をだすが、これは安倍総理の声ではないそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中