大川市長に鳩山邦夫氏次男が初当選

印刷

   福岡県大川市長選は2013年6月30日、投開票され、新人の元衆院議員秘書・鳩山二郎氏(34)(無所属=自民推薦)が、前市長・江上均氏(51)、元市長・中村晃生氏(66)、前市議・石橋忠敏氏(64)(いずれも無所属)を破り、初当選を果たした。

   鳩山氏は鳩山邦夫衆院議員(福岡6区)の次男。東京都出身で、青山学院高等部時代にオーストラリアに留学し、現地校を卒業した。帰国後、杏林大に入学し、同大大学院を中退後、邦夫氏の私設秘書になった。2005年から久留米市在住。選挙戦を前に、大川市に移住した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中