新刊本、原則すべて電子書籍化 角川と学研

印刷

   出版社大手のKADOKAWAや学研ホールディングスが新刊本を原則としてすべて電子書籍にすることが分かった。日経などが2013年7月3日報じた。

   電子書籍の販売では、紙の本の6~8割の価格で販売する。報道によると、新潮社も単行本出版から半年以内に、昭文社も旅行ガイドブックなどを出版後1か月以内にそれぞれ電子書籍にする考えだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中