「THE GOOD-BYE」ベーシスト・加賀八郎さん死去

印刷

   ジャニーズ事務所に所属していたロックバンド「THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)」でベースを務めていた加賀八郎さん(55)が2013年7月2日、多発性骨髄腫のため亡くなった。55歳だった。加賀さんは10年に多発性骨髄腫と腎不全と診断され自宅療養を続けていたが、13年5月末から入院していた。

   THE GOOD-BYEは野村義男さんソロデビュー時のバックバンドとして結成され、1983年にシングル「気まぐれOne Way Boy」でデビューした。90年に活動休止したが、2003年に復活ライブを行い、08年にはデビュー5周年を記念したスペシャルコンサートも行った。13年9月1日にはデビュー30周年を迎える。

   メンバーの野村さんはブログで「今日お見舞いに行って、いっしょに笑って写真撮ろうと思ってた日に死ぬんじゃねぇ~よ。涙が止まらないじゃんか。ふざけやがって」、曾我泰久さんもブログで「ぱっつぁんと一緒にバンドをやれた事を誇りに思います。そしてこれからもぱっつぁんが残した曲を歌い繋いでいこうと思います」、衛藤浩一さんはFacebookで「正直まだ信じらんないけど・・・最期まで、強かったね。今まで本当にありがとうでした」と、盟友の死を悼んだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中