東大文学部と集英社が公開講座 荒木飛呂彦さんが特別講師に

印刷

   東京大学文学部と集英社は公開講座「ことばを読む ひとを知る」を、2013年9月から東大本郷キャンパスで開く。

   柴田元幸教授(英文学・現代文芸論)と渡部泰明教授(国文学)がコーディネーターとなり、「歴史」「文学」「思想」「芸術」など、それぞれの研究分野の最前線を牽引する東大文学部教員・名誉教授らが、長年の研究成果をわかりやすく解説する。

   9月29日から来年3月15日までの全12回で、土曜日か日曜日に月2回程度開催。野崎歓教授(フランス文学)や加藤陽子教授(日本近現代史)らが登壇するほか、特別講師として漫画家の荒木飛呂彦さんが「漫画のセリフについて」、小説家の川上未映子さんが「人が人に物語ることについて」をテーマに講義する。

   高校生以上なら受講でき、登録料・受講料ともに無料。原則、全12回講義に出席することが条件で、特定の講師だけを聴講することはできない。申し込みは往復はがきで受け付け、定員150人を超えた場合は抽選となる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中