孫社長、総務省に「怒り心頭」 周波数の割り当てで

印刷

   ソフトバンクの孫正義社長は2013年7月25日、電波の周波数割り当てに関して総務省を訪れ、抗議した。

   日本経済新聞が同日付の朝刊で、総務省がKDDI系のUQコミュニケーションズに、2.5ギガヘルツ帯の周波数の20メガヘルツ幅を追加で割り当てる見通しだと伝えた。孫社長はツイッターで「審議会も開かれていないのに『電波の割り当ては元総務省の電波部長が天下りしている先の企業に出来レースで決まっているんですか』と抗議」と明かした。さらに「電波の割り当てを行うのは総務省。その総務省から局長や審議官や電波部長などの幹部を天下りとして迎え入れている通信事業者にお聞きしたい。『動機善なりや』」と、怒りをあらわにしていた。

   周波数の追加は、ソフトバンク系のワイヤレスシティプランニングも割り当てを申請している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中