ヘルパンギーナが流行中 東京などで局地的に警報レベル

印刷

   ウイルス感染症の1つ、ヘルパンギーナが全国で増え続け、はやりのピークに近づいている模様だ。東京などの一部地域では、警報を出すところも出てきた。

   38度以上の高熱を出し、のどに水泡などができて痛い――。ヘルパンギーナにかかると、そんな症状が出てくる。

東京都町田市、荒川区などで多く

   この感染症は、7月ごろにピークを迎える夏風邪の1つだ。

   国立感染症研究所の感染症疫学センターの調べによると、2013年も5月ごろから患者報告数が増え始め、7月15~21日の週に至るまで、11週連続で増加した。

   東京などの一部地域では、警報を出す基準値となる定点医療機関当たり6人を超えるところもでてきた。7月15~21日の週は、東京都町田市で13.13人、荒川区で9.25人などとなっており、東京都全体でも、4.11人にまで達した。

   このほか、神奈川県では、横須賀市が7.2人などと警報レベルの地域がいくつかあり、埼玉県でも警報を出す地域が出てきた。

   全国では、警報レベルにまだ達していないものの、高知県が5.87人、山形県が5.37人などと感染の多いところがみられている。全国平均では、2.84人だ。

   ただ、過去10年で見ると、13年は全国の感染者数が低い方だといい、12年の方が4.34人とかなり多かった。

   ヘルパンギーナが例年、7月ごろにピークを迎える理由として、感染症疫学センターの担当者は、暑くなると免疫力が低下して感染しやすくなることもあると言う。また、日によって寒暖の温度差があると、体調を壊しやすくなるとしている。ただ、感染者の多さで地域的にばらつきがある理由については、よく分からないとした。

「放射能の影響は関係ないのでは」

   ツイッターなどを見ると、ヘルパンギーナの感染者が東京などで増えてきたことについて、原発事故による放射能汚染で免疫力が落ちてきたせいではないかと疑う声も一部で出ている。

   この点について、感染症疫学センターの担当者は、福島県で2013年7月15~21日の週が1.04人と全国平均よりかなり低いことを指摘し、「放射能の影響ならもっと感染者が出るはずですよ。それは関係ないのではないでしょうか」と言っている。

   なお、夏風邪の1つで、同じウイルスでかかる手足口病も、7月まで全国で増えてきており、感染者数が例年より多かった11年と匹敵するほどにもなっている。しかし、ヘルパンギーナとは違って、12年は13年の8分の1しか感染者が出ていなかった。その理由についても分からないという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中