エロテロリスト壇蜜が田原総一朗を病院送りに 興奮して、脱腸手術跡から出血

印刷

   ジャーナリストの田原総一朗さん(79)が、脱腸の手術跡から出血したため入院することになった、とツイッターで報告した。原因はセクシータレントの壇蜜さん(32)と週刊誌で対談した時に「興奮してしまった」せいなのだという。

   ネットでは「歳考えろ」「天国の嫁が聞いたら泣くでw」などといった声が上がっている。

「マスコミに媚びない姿勢で仕事をし、勝負どころを心得てる」

壇蜜はエロテロリスト?(2013年5月17日撮影)
壇蜜はエロテロリスト?(2013年5月17日撮影)

   田原さんはツイッターで2013年7月30日に、

「壇蜜さんと週刊朝日で対談した。マスコミに媚びない姿勢で仕事をし、勝負どころを心得てる。感心した」

とつぶやいていた。すると翌日の31日にツイッターで、

「壇蜜さんにお会いして興奮したせいか、脱腸の傷跡から出血してしまいました。三日間入院します」

と打ち明けた。

   田原さんが脱腸になったと報告したのが7月15日で、この日のツイッターには、

「明日、脱腸の手術をするので今日から入院した。病院でベッドに寝ると、患者になった気持ちになる。そうはならないぞ、と頑張る」

と書き、19日に、

「先ほど退院しました。たくさんのお見舞いツィートをありがとうございました!」

と退院を報告。心配していた人たちに対し、大丈夫、元気であることを強調していた。

   こうしたツイートを読む限りでは、脱腸の手術は無事に終了して、復帰したが、「和製エロテロリスト」壇蜜さんの魅力に大興奮し、傷口が開いて出血し再入院することになった、ということらしい。

   一般的に脱腸の手術をしたばかりの人がセクシータレントに興奮すれば傷口が開き、再入院の憂き目にあってしまうのだろうか。

「性的興奮を覚えることも傷口が開くことと無関係とは言えません」

   ある総合病院に話を聞いてみると、脱腸(鼠径ヘルニア)というのはお腹の中の臓器が足の付け根の部分からお腹の膜をかぶって出てくる病気で、手術が必要。日帰りで済む場合もあるが多くは3日ほどの入院が必要だという。わずかな確率だが再発することがある。術後は注意が必要で、便秘にならないよう心がけたり、下腹部に力が入るような労働や激しいスポーツなどは避けたほうがいいらしい。

「術後は安静にするのが基本ですから、激しい性行為はもちろんですが、異性に対し激しい性的興奮を覚えることも傷口が開くことと無関係とは言えません」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中